2015年01月14日

原発災害10年・20年後はこうなる:チェルノブイリで起きたことは将来日本で起こると覚悟しなければならない

原発災害10年・20年後はこうなる:チェルノブイリで起きたことは将来日本で起こると覚悟しなければならない

原発災害10年・20年後はこうなる:IAEA「影響なし」の嘘、低濃度放射能でも健康被害が起きていた(過去のNHKスペシャルより)
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-19.html より

■ 10年後の人体への影響

(1)小児甲状腺ガンの急増: 
   4年後から顕著な増大、のど切開手術

(2)死産増加: 
   10代で被ばくした母、通常2cmの胎盤が5cmに

(3)染色体変異: 
 被曝量に比例して染色体(生殖器なら遺伝情報)が破損する割合が増加していた

(4)原発作業員の平均寿命44歳: 
 ガン・心臓病・白血病・記憶障害・神経細胞破壊・躁鬱自殺など

(5)「安全」とされていた低濃度汚染地域で大量の体内被曝が進行していた: 
 生態濃縮で高濃度となった放射能が、自給自足型の農村の住民の体内に蓄積していた

■ 20年後の人体への影響

(1)成人甲状腺ガンの急増: 
 小児甲状腺ガンは事故10年後がピークだったが成人のガンはその後に急増

(2)先天性障害児(奇形児)の増加: 
 ベラルーシでは事故前は1万人中50人だったが2000年に110人と2倍以上に増加

(3)引き続き原発作業員の死亡相次ぐ

(4)「安全」とされていた低濃度汚染地域(原発から100 - 400km)でガンや白血病の発症が増加

世界の科学者の目からみると20年後日本人の平均寿命は35歳
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/763ae75acf31a7d1839fd8c1ec123587
2014-04-08


日本滅亡    遠因は戦争に負けたからです、負けて米国仕様のお仕置き憲法で去勢されてしまったこと
現在の経済、軍事関連の齟齬がすべてここに収斂されるのです

鋭利な見識の政治家は鋭く見抜いています ですから憲法改正を指摘するのです
表現の自由を抹殺する行為と識者の多くは喧伝するが、問題の本質はそんなことではないのです

安全運転で制限速度遵守して無事故無違反で長いこと走行してきたジャパンちゃん
ですが、もともと米国払下げ中古車でしたのでエンジンや車体各部にガタがきているのです
ここで一度オーバーホールするか日本製の新車購入して現在の高速交通網に毅然と対応できるようにするのがスジというもの
それを無事故無違反だから、60q以上でない安全な車だからと
わかったようなわからないような   中国の鋼鉄の140qでる自動車が
日本追い抜いていく それでもいいのか
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ