2015年01月14日

通称「マックショック」と呼ばれるファーストフード最大手のマクドナルドにおける異物混入事件。

通称「マックショック」と呼ばれるファーストフード最大手のマクドナルドにおける異物混入事件。

昨年のチキンナゲットの腐った鶏肉問題をはじめ、もはや一部の“知っている人”だけに限らず、もう“知らなかった人々”にまでも、その実態の「ヤバさ」が明るみになって来たマクドナルドですが、これほど急展開に同様の事故が多発しているのは、今に始まったことではなく、過去にもあったものが今になって隠せずに表に出て来ているようにも感じます。

もしくは、意図的な手口によって“マクドナルド潰し”が裏の社会の中で始まっているのかもしれません。

マクドナルドといえば、大株主はユダヤ系財閥の“ゴールドスミス一族”であり、彼らはロスチャイルド家の血縁一族であります。

つまり、マクドナルドはロスチャイルド系列企業となりますが、ついに人類支配者の中での内部抗争、逆転劇が経済界においても始まったのかもしれません。

以前に《半年経っても腐らないハンバーガー》という記事で、半年経ってもまったく腐らないという、もはやゴキブリも見向きもしない脅威の“防腐剤バーガー”の実態をお伝えしましたが、果たして「他のハンバーガー屋も似たようなものなのか?」というハンバーガー好きの人には切実な疑問に対して、以下に面白い実験結果があったのでご紹介しておきます。舞台はアメリカになりますが、マクドナルドを含めた全米チェーン7社のハンバーガーをガラスビンに入れ30日間放置するという実験が行われました。

ノミネートされたのは、マクドナルド、バーガーキング、ウェンディ―ズ、 ジャックインザボックス、カールス・ジュニア、イネアウト、ウマミバーガーの7社であり、各社の“チーズバーガー”が実験材料として使われました。

その驚きの実験結果は、以下のとおり。


http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51905985.html
これを見て「腐らないなんて、さすがはマクドナルドの商品は優秀だ!」と拍手する方は、どうぞ引き続きマクドナルドに通うことをオススメします。やがて、自分自身が腐らない体となり、土葬の時代だったら大変なことになっているでしょう。

人も食材も発酵するのが理想ですが、腐ることは自然の摂理であり、これを“化学”の力を使って人間の都合で操作するのは、自然の摂理に反する異常行為であり、何よりも人体にも自然環境にも非常に危険なことであると思います。

思いのほか、他のハンバーガーチェーンは本当の意味で優秀(腐る)な企業もありましたが、これはあくまでもアメリカの場合であり、実は日本の方が防腐剤を含む食品添加物は危険な状況であって、アメリカで禁止されている食品添加物が日本では今でも当たり前に使われているケースが多々あります。


バーガーキングが安全だと

その1つが、マーガリンなどに含まれている「トランス脂肪酸」と呼ばれるものであり、これを多量に摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれています。

また、アメリカでは「食べるプラスチック」と呼ばれており、すでに全面的に使用が禁止されていますが、日本は表示も規制もない野放し状態が続いています。

日本のマクドナルドの商品が、なぜ腐らないかといえば、その理由は他にも多々あるようですが、まずはこのトランス脂肪酸が大量にが含まれていることが大きな要因の1つのようです。

なお、トランス脂肪酸は、心臓疾患などに加え、ホルモンバランスを崩して不妊になるリスクも高くなるといわれています。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ