2015年01月31日

もたもたしていると、民主党政権で国民本意の政策が続いてしまうと

前回は、もたもたしていると、民主党政権で国民本意の政策が続いてしまうと
金持ち連中にお鉢が回って来なくなり、予算も金融緩和も円安も富裕層と輸出
大企業に回してやるためにも、アメリカ軍産複合体の世界戦争戦略のためにも、
その裏のユダヤ資本のためにも、とにかく自民党政権に戻せと言われていたから
ノダ工作員と組んで政権交代。

今度は、このままやっていくと、また民主党、生活、社民、共産など貧しい国民側に
少しは金が回っていくような体制に戻る可能性が高くなるので、その辺が体制できてない
今のうち、そうやって身を切るナントヤらの歌い文句で騙せるうちに、自民党よりも
もっと右翼的で、好戦的で、かつより強くTPP推進の「維新」に舵を切れと
しつこく言われて、

ユダ金手下色の強力な谷垣ら執行部が強く強く「今ならまだわが党にはダメージが
少なく、かつ維新に有利にできる、これならアメリカが喜ぶから!!」と安倍を必死に
説得。

これで今回の解散となった。


次の選挙では、現少数政党である社民、共産、生活の消滅を狙って、そこから
一気に、TPP大推進かついよいよ戦時体制政策に舵を切れるようにするのが大目的。
TPPは他国の都合でつぶれても、並行協議でどんどん売国できるという寸法で、
それはすでに郵貯銀行の営業介入でも進められてきて通り!

それがどんどん進むから、確実に郵貯銀行が日本国債を売って米債に切り替えさせられ
日本財政の破綻が近づいていくという狙いだ。やつらは日本壊滅戦略に沿って
言いなりで動いているに過ぎないから、いくらでもこういうことができる。

それを救うためには、日銀が買い支える必要が出てきて、黒田路線は続けられ、
円安はさらに進む。これで貧民僧は完全に瀕死の絶望状態に追い込まれる。
燃料高で漁船も漁には出られない、輸入企業はコスト高で倒産続出、そこで
TPP推進圧力はさらに高められるという寸法。

基本、内需は壊滅し、農林水産業は消えて無くなり、そのころに南海地震が起きて
再稼動させた原発がまた2発ぐらいメルトダウンして全国土に死の灰が降る。これで
日本人は8割以上が被曝し、10年後には5000万人がガンになり、
治療と称して毒物にすぎない抗がん剤治療を強制してユダ金製薬会社のボロ儲けに
繋げるという作戦。


おいおい
万引きGメンって
政府の大役人の事なんだけど

殺しのライセンスを含め全ての特権を持ち
国会議員や外交官の殺害も認められるけどな
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ