2016年03月06日

311大津波で多数の死人出たのってグルーポンのおせちが原因

東京電力が2011年の福島第1原発事故以降、核燃料が溶け落ちる炉心溶融(メルトダウン)を判断する社内マニュアルの存在に気付かず、今年2月になって「発見」したとされる問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は2日の定例記者会見で、「事故前からの東電の体質が表れている。深刻に反省してほしい」と述べ、東電を厳しく批判した。

 田中委員長は「自身が社内マニュアルをきちんと作っておきながら、今の時点まで分からなかったというのは、何のために作ったのかという気がする」と指摘。事故後、5年もの長きにわたって外部に社内マニュアルが出てこなかった点について疑問を示した。

 先月26日に再稼働したばかりの関西電力高浜原発4号機(福井県)が緊急停止したことについても、田中委員長は「トラブルがないようにすることが社会の信頼回復になると伝えていた。それを裏切るようなことで、極めて遺憾だ」と関電の管理体制を批判した。


311大津波で多数の死人出たのってグルーポンのおせちが原因だったことが証明されたからな
あまりの縁起の悪さによってあの忌まわしきおせちから
2ヶ月ちょっとで大地震が起こった


あのおせちさえなければ
311に地震は起きなかったことが判明している


ヘルスの高木 ‏@goldkintama 4分4分前

ヘルス狂いの高木だと思われているかもしれませんが、年間で風俗に使うカネはせいぜい30万未満です。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ