2016年06月10日

性欲爆弾はすごくおすすめです

モデル・タレントである下田美咲氏も駆けつけ、恋愛談義を繰り広げました。そして来場されたお客さんから事前に募集したお悩みにズバッと答えていきます。惚れっぽい人とそうでない人との差は「性欲」であると言う下田氏は、「性欲爆弾をつくること」の大切さについて語ります。そして彼氏から自分を優先事項として扱われなくなったら、どう考えるべきかなど、女子にとって思わず「うんうん」となってしまうような考え方が満載です!


下田 惚れっぽい人と惚れづらい人の差は何かというと、完全に「性欲」なんですよ。性欲が押し上げてくると、すごくお腹が空いてると食べちゃうみたいな感じで。性欲が押し上げてくると理性が押し潰され ちゃって、世の中の男の子が、突然いいものに見えてくるんですよ。
司会 なるほど。
下田 だから一気に基準が下がるんです。すごくお腹がいっぱいのときに「何食べたい?」って言われたら、よっぽどおいしいものしか食べたくないけれど、すごくお腹が空いてたら菓子パンでもほしい。「くれるならほしい」ぐらいの感じになるじゃないですか。
それと同じで、性欲が振り切ってる人ってものすごく恋に落ちやすいんですよ。格好よく見えてるから。美味しそうに見えてるし。だからポイントとしては性欲を高める。
司会 難しいな……。


下田 性欲って私からすると自然に湧いてくるものじゃないから、どちらかというと自分から収集しにいったほうがいいんです。私は定期的に「性欲爆弾」っていう爆弾をつくるようにしてるんですけど、それは方法としてはエロいと思うものをとにかく見る、読む。
司会 なるほど。

下田 私、食べ物もそうなんですけど、おいしい度数を上げて食べるために、例えば「今からもつ鍋食べにいきます」っていうときは「もつ鍋、画像」で調べまくって、ひたすらおいしそうな画像を見ると、もつ鍋への感度がすごく上がる。「まさに今、食べたかった!」っていう状態で食べられる。
それと同じことで、自分がすごくエロいと思う漫画とか。漫画より私、読み物のほうがおすすめなんですけど、映像はあんまりいいものがない。探しましたけど。探した結果、爆弾になりづらいから。私がおすすめなのはエロ漫画とエロい小説なんですけど。
 
司会:なるほど。
下田 それを結構読みこんで「これ、やってみたいかも」ってなるところまで。「これだったらやってみたいかも」みたいな一部分を見つけると、爆弾がだんだんこう、振り切って膨らんでくるから、そのまま一旦町へ出てみてほしいんですよね。
司会 (笑)。
下田 いつもより俄然、皆がいいものに見えるから。夏休み、爆弾溜めまくってから登校したら、一学期は興味がなかった男子に興味が湧くから。「この子、こんな格好よかったっけ」みたいな感じになるから。


司会 「結構いいかも」みたいな。
下田 全然いいものに見える。それくらい、理性を押し込めて性欲が勝ったときって、「自分じゃない、なにか」になってるから、そこまでいってみてほしいです。
司会 そういうふうになったときって自分としてはどんな感じですか? 楽しい感じ?
下田 すごく楽しいですよ。
司会 楽しいですか!
下田 そうですね。お腹空かせてご飯が食べたいのと同じなので……。
司会 そっか、なるほど。
下田 性欲爆弾はすごくおすすめです。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ