2016年05月31日

元グラドル・仲村みうさん、ヘルス嬢になっていた!?

元グラドル・仲村みうさん、ヘルス嬢になっていた!?

http://dailynewsonline.jp/article/1135178/

ミスマガジンにも選ばれ、過激なセクシーポーズでグラドルとして活躍していた仲村みう(25)さんが、芸能界引退後、ヘルス嬢になっていたのではないかと、ネットで話題になっている。

仲村みうさんではないかと噂されているのは、愛知県名古屋市にあるファッションヘルス“ラブポート東新町”で働く“りりちゃん”。

口元がモザイクなどで隠れているが、はっきりとした目元が似ているような気もする。

お店のホームページに掲載されている女の子紹介ページでも、“元グラドル”などの売り文句は確認できないため、真相は不明。

ネット上では、「似ているだけだろ」「いや、本人だろ」「名古屋行かなきゃ」などの声が上がっている。


 こうした女優受難の時代にあっても志願者は後を絶たず。彼女らにとってはまだまだ魅力のある世界のようだ。前出の関東のプロダクション関係者によれば、「最近では月に20人以上は面接に来る」と言う。では、なぜ彼女らはビデオで股を開くのか。業界歴15年のAV制作会社社員はこう分析する。

「今の若いコたちは有名AV女優やセクシー女優がアイドル視されているのを目の当たりにしていますからね。そんな憧れから業界に入ってくるコも少なくない。もちろん単体女優になってひと山当てて、がっぽり稼ぎたいってコもいますが少数。ほとんどのコが『楽にそこそこ稼げればいい』と考えています。風俗でも1日に3万円を稼ぐのは大変な時代ですからね」

 AVの出演料は暴落し、一日3000円のギャラで働く風俗嬢どころか、激安風俗の面接すら通過できない者まで出る風俗産業。もちろん、風俗産業に限らず、女性に対する風当たりは決して弱くないのが現代社会だ。そんな中、強かに生き抜く女性もいれば、傷つき消耗する女性もいる。

 週刊SPA!4月1日発売号「[オンナの底値]大暴落中!」では、既存の価値観から大きく逸脱し、モラル、自己評価、金銭感覚……。あらゆるジャンルでタガが外れた女性たちの生き様を紹介。彼女たちの「奇行」に思える生態は、一見享楽の結果だったり、モラルの欠如のように思えるかもしれない。しかし、本当は何が彼女たちをこうさせたのか、それを考えてみたい。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ