2016年07月11日

「命に支障がないよう指を選んだ」

「命に支障がないよう指を選んだ」

日本テレビ系(NNN) 7月6日(水)18時35分配信
 6日朝、東京・渋谷区でバレエ講師の女性(24)が元生徒の男(41)に指を切断された事件で、男が「命に支障がないよう指を選んだ」などと話していることがわかった。現場から武井裕亮記者が中継。

 この事件は6日午前8時半すぎ、渋谷区のバレエ教室で講師の女性が指を切断されて倒れているのが見つかり、その場で元生徒の無職・橋本浩明容疑者が傷害の疑いで逮捕されたもの。

 橋本容疑者は金属を切るタガネという工具と金づちで女性の右手親指を切断しているが、その後の調べで、「命に支障がない所を考えて指を選んだ」「小指を切るつもりだったが、薬指と2本切ってしまいそうで親指に変えた」と供述していることが新たにわかった。

 橋本容疑者はバレエ教室の生徒だったが、女性とトラブルとなった結果、去年退会させられていて、調べに対し「もんもんと今日まで思い詰めた」とも話しているという。


バレゾナンス東京バレエスタジオのご案内です。
バレゾナンス東京バレエスタジオのコンセプト

東京渋谷、中目黒、秋葉原のバレエ教室【バレゾナンス東京バレエスタジオ】バレゾナンス東京スタジオとは、大人になってからバレエを始める初心者に優しいスタジオです。

未経験の男性も100%受け入れることをコンセプトにしています。

バレエを習う男性は決して少なくないものの、それに対して受け入れる教室があまり多くないのが現状です。

受け入れている教室があっても、なかなかレベルが高くてついていけない、女性の中に混じってレッスンするのは肩身が狭いと 感じられている方は多いのではないでしょうか?

こうした方々に気持ちよくバレエを学んでいただけるようなスタジオを作りたい、 そう思い作られたのが当スタジオです。

バレエの身体・精神的向上は男性・サラリーマンの方にも是非実感していただきたいです
バレエ教室へ通うメリット

みなさんはバレエを見たことがありますか?

バレリーナは笑顔を絶やさず、優雅に美しく踊ります。

その為、一見するとさほど辛くない運動に思われる方が多いようです。

しかし、バレエのレッスンはまさに頭の先から、足の先まで全身に神経を行き渡らることが要求されるので、 非常に運動量が多いスポーツの一つです。


バレエ教室講師の指切断の疑い 生徒の男を逮捕
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160706/k10010585061000.html

6日朝、東京・渋谷のバレエ教室で、生徒として通っていた男が、講師の24歳の女性の指を工具で切断したとして、駆けつけた警察官にその場で逮捕されました。

男は「練習への参加を拒否されるなどしたので恨みがあった」と供述しているということで、警視庁が、当時の状況や詳しいいきさつを調べています。

6日午前8時半すぎ、「東京・渋谷区のバレエ教室で、女性の指を切断した」と、男の声で110番通報がありました。

thumd6851

通報を受けて警察官が駆けつけたところ、バレエ教室の講師の24歳の女性が右手の親指を付け根から切断された状態で倒れていて、男が工具で切断したことを認めたことから、傷害の疑いでその場で逮捕されました。

警視庁によりますと、逮捕されたのは、バレエ教室に生徒として通っていた川崎市幸区の自称整体師、橋本浩明容疑者(41)で、「練習への参加を拒否されるなどしたので恨みがあった」などと供述し、容疑を認めているということです。


バレゾナンス代講情報 ‏@BallesoDaikou 7月5日

7月17日渋谷スタジオのストレッチは浅見先生 入門A は大江先生が、担当します。#ballet #ballesonance
0件のリツイート 0 いいね
バレゾナンス代講情報 ‏@BallesoDaikou 7月5日

7月14日品川 12:30 コンフォ 14:40 入門A は由梨先生が、担当します。#ballesonance #ballet
0件のリツイート 0 いいね
バレゾナンス代講情報 ‏@BallesoDaikou 7月5日

7月8日 15日品川スタジオ19時30分 はRIMI先生が、担当します。#ballesonance #ballet
1件のリツイート 0 いいね
バレゾナンス代講情報 ‏@BallesoDaikou 7月2日

明日渋谷スタジオ16:00 入門B 17:45入門C はあかね先生が、担当します。#ballesonance #ballet
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ