2016年07月30日

ポケモンGOは可処分時間を大きく奪ってく上に

ポケモンGOは可処分時間を大きく奪ってく上に、次のアプリに繋がる広告は一切表示されません。他のアプリの"時間"を大きく奪う上に、アプリ広告は一切なし。それはアプリ広告の業界全体のimp総量が減少することを意味しています。

それによって仮に今まで100の広告価値があったアプリが60〜70程度に下がってしまうことは十分に考えられます。

「他のアプリを紹介しない?課金ゲーってそもそもそういうもんだろw」

と思われるかもしれませんが、ポケモンGOはその被害…というか影響の規模と性質が全く違います。パズドラやモンストを含む課金ゲーは通常、アプリ内で他のアプリの広告を出したりしませんが、広告費を大きく使います。

広告費<収益

これを実現させることでアプリ市場とアプリ広告市場の生態系を潤わせてきました。

しかしポケモンGOは違います。その知名度から広告費を一切払うことなく成長しているのです。

その成長による収益を広告費としてアプリ業界内に循環させるのではなく、一方的な収奪...を行なっているのです。(というか殺戮?)

これでは現在の規模の生態系を維持するのは困難です。アプリ市場そのものの一時的な縮小は避けられないでしょう。(株価に影響出そうですね…。)



業界の方は、ジッと耐えましょう。


そもそも常時広告を表示して、課金課金促すシステムがシェア奪われるなら、そのまんま奪われたほうが健全じゃないかなと。 ポケモンは練り込まれまくったシステムだとまったく感じないけど、課金を(心理的に)追い込むシステムに今のとこ感じないし、これを日本国民老若男女がなんとなくウェルカムムードで迎え入れている現状は、面白いと思う。

課金モデルは、ガラケー2強プラットフォームから○インゲームでの、(電話帳の知り合いと無意識に競わせて)とことん練り込まれた永遠の課金システムのもと、延々とお金を入れさせようとするもので、それいうモデルを”優良なアプリ” ”驚異的なアプリ”と言われても、まったくもって狡猾な商売、アコギな一般市民への搾取だと正直軽蔑の域だ。本当に(お金かけて)よく出来てることは感心したが、そのポジションは軽蔑している。
課金を心理的に追い込もうとするシステムは、たとえ電話帳システムだろうが、この先は”しれてる”と断言できる。


可処分時間なり、可処分所得なりの奪い合いであることは、あらゆるエンターテイメント、消費者向け商材で共通する

どんな人がどんな時にどんな意識で使っているものか、と考えた上で、共通する重複するものか考えたほうがいい

歩いてスマホ見てる人は、ラインでのやり取りだったり、地図見ながらの移動だったりしたんだろうけど、いまは多くの人がポケモンしてる

通勤時のツムツムユーザーは代替できないが、徒歩通勤者、通学者はツムツムはできなくてもポケモンならやれる


ポケモンGOなどおろかタブロイド、スマホ、ケータイ、ネットと奪われ続けてきたエンタメが雑誌。
4メディアのポジションであることが恥ずかしいレベル
利用時間は減り続け、市場は縮小し、売り場は減り続け、業界での改善などはほぼ期待できずこのままメディアとしての存在価値は、極めて少数のクラスタに依存する程度。
ただし広告費としてはコスト高のまま推移し、最近では他メディアやSNS連動、イベント連動などあらゆる手を使って広告費維持に懸命。


ポケモンGOで、売り上げ、利益の上がる会社として、任天堂以外ということで、以下の会社が、アメリカではあげられていましたね。


1.ゲートキーパー
Apple、Google
2.デバイスメーカー
BlackBerry、サムソン
3.モバイルキャリア
ベライゾン、AT&T、スプリント、Tモバイル
4.リテール
トイザらス、ゲームストップ、マクドナルド、スターバックス
5、フィットネスウェアラブル
フィットビット
6.その他
ディズニー、シックスフラッグ


ちなみに自分は、ポケモンと将棋ゲーム以外は、スマホでやりません。


iPhoneのアプリセールスランキングは、首位から順にポケモンGO、モンスターストライク、白猫プロジェクト、バズドラ、ツムツム。


確かにポケモンGOにアプリシェアは奪われつつあり、それに関連する広告市場も変動がおきて来ると言えよう!
人間が、1日にアプリを使う量は限られて来る!
ポケモンGOアプリが楽しければ楽しいほどそれについやす時間は長くなる!
そのように設計されているポケモンGOは、多くのアプリ市場と広告市場に大きく影響を与えるだろう!
いまやアプリ市場は、ダウンロード数だけではなく長い時間使って貰えてなんぼの世界へと向かっていることは間違いない!


ブームが一時的なものかどうかはまだわからないが、この爆発力はすごい。
「時間を奪う」という意味では最高のコンテンツ。
他のアプリ、広告業界はしばらく苦しい日々が続く


子供を騙して課金するなど
裏街道のビジネス
だからあいつらは嫌い


ハズドラとらもんすととか
みんなやめたらどうかね


レベル8になってみたものの次何したらいいのかわからないおじさんです。近所のポケモンジムはすごい強そうなのが置いてあるし、中高生辺りにはやっぱ敵わないです。
田舎商店街なので街にあるなぞのオブジェに注目することが出来たことはよいものの、ポケモンが出現する必然がよくわからないので実際に集客機能があるかは疑問。
CMにあったポケモンの交換機能やみんなでミューツー倒すイベントっぽいのもまだみたいなので、その辺に期待


そーいえば
ガラケーからスマホになって
着信音ビジネス減ったね


ポケモンって15年前ぐらいに子供だった世代で流行ってて、その世代がみんなスマホ持ってるから凄い事になってる。今の子供世代には妖怪ウォッチGOの方が流行りそう


テレビで毎日紹介してるからね。オリンピック始まったら、情報番組も取り上げなくなるし、今年は猛暑なので外歩き回るのも限界があるだろね。でも、ポケモンGOで熱中症!というニュースが増えるわ


他のゲーム業界は位置ゲーにシフトしないと抹殺されそう


私もすでにプレイしていますが、本当に止め時がわからないくらい熱中しています。インターネット界隈の人間なので、自社アプリの使用時間は間違いなく減るのではと懸念しています


子供がやってるというわけじゃないんだな
妖怪よりも海外では圧倒的にポケモンの周知が大きい


人生は『時間配分の最適化』の連続
な気がしてきています。

そう感じるのは人生に満足感を感じているからなのだろうか…。

自分でも良くわかりません


ドラクエならやるという
いい大人が多いな


ポケモンを始めて、移動中に音楽アプリをあまり開かなくなった


一見無関係な異次元なプレーヤーがユーザーの可処分時間の奪い合いに参戦してくる。これが1ヶ月もない短期間。すごい時代ですね。既得権益化されないマーケット


旅行とか、伸びると思いますよ!
旅先でスポットめぐるのは楽しそう。
Twitterとかで情報シェアしたくなるし
そこは食われないかと。
余暇を潰すのに使われていた中小糞課金アプリには脅威でしょう


ポケモンブランドを使う以上、飽きさせない工夫はしてくると思うのですが。

@ ポケモン種類の増加
A ユーザ同士でのポケモントレード
B 対戦機能

むしろアツくなるのはこれからではないでしょうか。
邪魔な広告がない分、より没頭できます


課金型クソゲー会社の
怨嗟の声
断末魔の呼名が聞こえて
飯ウマー

滅びるが良い
スマホに咲いた
毒の穢い花
それが課金ゲーム


ポケモンのレベルを上げるためにも、ポケモンを集める必要があるルールになっている。レベルを上げないとジム戦でフルボッコ。ポケモン好きとしては、面白いルール


課金ゲームを蹴散らかして
成敗してくれポケモン


一定期間だろうけど、これは相当にあるな!ポケモンすごすぎる。
そして、変化の激しいアプリ界は敗者に容赦ない。


小学生からお年寄りまでポケモンの話をして親子で街を歩く。ストーリーが大して出来上がってなくてタイアップを組んで課金で安上がりに儲けるゲームより断然イノベーション


徒歩での通勤時間が通常片道20分のところ30分かかるようになった。そして、通勤が楽しくなった。
それ以外は、変わらない


消費者行動論からしても期待値がそもそも高いものは実際とのサービスとのギャップが出てしまうというし。
ポケモンgoは来週土日過ぎてどうなってるかが見どころ。その次は夏休み終わりにユーザーがどれだけいるかかな。
任天堂が悪いんじゃなくて任天堂の攻め方が上手いだけ
他のスマホゲーム会社は涙目だな
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ