2017年03月31日

安倍昭恵が“圧力”支援のイベント、主催団体代表は「総理親族」「有力支援者子弟」

安倍昭恵が“圧力”支援のイベント、主催団体代表は「総理親族」「有力支援者子弟」

■文科省に圧力電話する「安倍昭恵」は私人か!

 昨年3月の「全国高校生未来会議」開催にあたり、安倍昭恵夫人(54)はバックアップするよう文部科学省に圧力をかけ、さらに賞を出すよう各大臣に掛け合っていた。森友学園問題では「妻は私人」と総理は主張したが、どこの世界に大臣に直接掛け合うことができる「私人」がいるのか。

「未来会議」は、中高生たちが地域おこしプランを競ったり、模擬投票を行ったりするというもの。主催は「リビジョン」なる一般社団法人で、代表は斎木陽平なる24歳の青年。ここに、さらにやっかいな問題がからんでいた。

 ***

 文科省関係者が打ち明けるには、

「15年9月16日、当時の下村博文文科相から、全国高校生未来会議を首相直下の事業としてやってほしいという指示が下りました。しかも、主催はリビジョンで、という話です。安保法案ですったもんだの時期にいったいどうした、と誰もが思ったあとで伝えられたのは、リビジョンの斎木代表は安倍総理の親族だ、という話で、みな仰天しました」

 山口県長門市のある市議は、こう証言する。

「斎木家は長門で代々医者の家系。陽平くんの曾祖父は長門市長を務め、祖父は安倍総理の父親の晋太郎さんの後援会幹部でした。そのうえ、安倍家とは遠縁にあるそうです」

 これについては、安倍晋三事務所も昨年、

「斎木陽平氏は遠戚にあたります。祖父・斎木秀彦氏は安倍晋太郎の長門地区の後援会長でした」

 と認めている。要は、昭恵夫人は、親族かつ有力支援者の子弟に便宜を図るために、文科省に公然と圧力をかけ、大臣をはじめ政治家を動かしていたことになるのだ。その意味では、森友学園の問題よりも根が深いと言えよう。

 文科省関係者の話は、こう続く。

「昭恵さんからの要請もあって協力したら、それが総理の支援者の子弟で親族だというから、まずいのではないかという話も出た。でも、“仕方ないですね”という言葉のもと、すべては流されていったのです」

 3月6日の参院予算委員会で、民進党の福山哲郎議員から、森友学園問題について「官僚の忖度があったのではないか」という旨を問われた安倍総理は、「印象操作だ」「私と妻の名誉を傷つけた」と、ムキになって反論した。だが、総理官邸に人事権を握られている官僚が、総理夫人の意を忖度するのは、現実には日常的なことであるようだ。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ