2017年04月30日

朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の代弁人 日本反動層の靖国神社集団参拝劇を糾弾

朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の代弁人 日本反動層の靖国神社集団参拝劇を糾弾

【平壌4月26日発朝鮮中央通信】朝鮮人強制連行被害者・遺族協会のスポークスマンは、日本反動層の靖国神社集団参拝劇を糾弾して26日、談話を発表した。

この前、高市総務相をはじめ「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」所属の自民党と民進党、日本維新会などの日本右翼政客らは、アジア各国から強い反発を招くということをはっきり知りながらも、またもや靖国神社に集団的に参拝した。

スポークスマンは、これは歴史の峻厳な裁きを受けた殺人魔をおだて上げ、朝鮮に対する再侵略野望をなんとしても実現してみようとする日本反動政客の軍国主義ヒステリーの発露だと暴いた。

また、正義と平和、人権に対する正面切っての挑戦、過去の被害者を冒とくする醜悪な反人倫犯罪だと糾弾した。

スポークスマンは、過去の犯罪を正当化し、時代の流れに逆行している日本の反動層は自滅を免れられないと強調した。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ