2017年06月19日

国家や上層部が若者を洗脳ポエムを信じた先に貧困が

国家や上層部が若者を洗脳
ポエムを信じた先に貧困が

石田 今ある老人偏重の予算配分は動かせない。若い子たちが著しく割を食っているっていうのが、現在の底辺のリアルなのでしょうね。

中村 池袋ウエストゲートパークの新作にありましたが、美辞麗句で若い子たちを洗脳して操って利益をあげるのは、ブラック企業の常套手段です。さらに奨学金、低賃金非正規労働など、若い子たちに酷いことばかりしている。どうして団塊から上の世代から「自分たちはいいから、若い子をどうにかしてくれ」という声が出てこないのか。

石田 国民的な気質かもしれないけど、震災以降、“絆”とか“お年寄りを大切に”みたいな、だれも逆らえないようなスローガンを多くの人がまっとうに信じるようになった。だから、いまだに老人医療だったり年金だったりに、じゃぶじゃぶお金を使う。その100分の1でも若い人に回せばいいのに。

中村 上位5%の富裕層に入る大手マスコミなり政治家なりの恵まれている人々は、そうした社会のゆがみに気がついてないってことでしょうか。

石田 わかってはいるけど、暗黙の了解で口にしてはいけないのかな?実は僕も震災のあと、NHKに何度か呼ばれて地震の報道番組とかに出た。「頑張ってなんとかみんなで助けあおう」みたいなこと以外、言えない雰囲気なの。それと同じような空気感で、老人医療の削減は口にできない。そうして封じ込められたまっとうな主張ってたくさんあると思う。しかも、今の日本は一度悪役にされると徹底的に吊るし上げられる。だから、みんなが息を殺して生きる。

中村 狭量な人だらけなのは、みんなお金がないからですよ。その半面、ブラック企業や悪質なベンチャー経営者に洗脳される若者はあとを絶たない。取材した中でも、ブラック企業が発信するポエムにハマる子が本当に多くて、何度説得しても洗脳がとれない。

石田 今の時代、人をうまく騙すのが一番いいビジネスでしょう。

中村 国にしても低賃金・長時間労働の介護業界への就労を勧めたりしている。素直な真面目な子たちがその言葉を信じて頑張ったら貧困という。よくそんな残酷なことができるよな、と思って見ています。

石田 振り込め詐欺と似ていません?国の政策にしても詐欺にしても、その裏に気がつかない人からどんどん犠牲になる。もはや、国や組織は手放しでは信用できないから、個々の人が知恵を絞って生き延びるしかない。僕も実際フリーターから始まって実感しているけど、勉強したらどうにか世の中で生き延びていくことはできるから。

中村 石田さんは大学卒業後の数年間はアルバイトで生計を立てていたと様々なところでおっしゃっています。本ばかり読んでいたとか。

石田 そう。というか、バイトしながらお金貯めて、家で本ばっかり読んでいた。でも、そうやって悶々と過ごす先に、意外となにかあったりする。文化的なステージだったりセンスだったりを磨いて、30代以降で勝負するって手はあると思うけどね。とにかく、若い世代には勉強して、自ら生き残る術を考えるべきだと伝えたいね。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ