2018年05月31日

【ブルセラ】NGT中井りか衝撃発言!総選挙に勝てるなら「パンツでもなんでもあげますよ!」

 NGT48の中井りか(20)が25日放送のAbemaTV「必殺!バカリズム地獄」(金曜後9・00)に出演。「第10回AKB48世界選抜総選挙」が近づく中、ナーバスになる中井の口から衝撃の発言が飛び出した。

 端正な顔立ちと個性的な毒舌キャラでNGTメンバーの中でも上位の人気を誇る中井だが、昨年の総選挙の成績は23位。一昨年の96位からのジャンプアップとはいえ、他のメンバーよりもチャンスをもらっている自覚があるだけに、この成績には納得がいっていない様子。

 中井のプレッシャーは相当なようで、総選挙絡みのコメントが出るたびに不安な表情を見せる様子に、バカリズムも自身の「IPPONグランプリ」での苦労を引き合いにだし、その過酷さを代弁していた。

 番組中、「お金で下着を買う大人」をテーマに話し合っていたところ、犬山紙子さん(36)が若い共演者に向け「気を付けるように」との忠告。加藤ナナ(20)が「(下着は)あげないよ」とサラリと返答したのに対し、中井からは「(どうせ)もらってくれない」。さらに「(そんな変態でも)愛してくれるだけいーじゃん」と投げやりなコメントまで飛び出した。

 バカリズムはその場を収めようと「彼女に人気を!」と叫ぶと、中井は消え入るような声で「人気をください…」と頭を下げた。さらにバカリズムは「(総選挙が気になりすぎて)仕事にならないでしょ?」と聞くと、中井は思わず「そーなんですよ」と本音をもらした。

 さらに「どうして、このキャラでやってきちゃったんだろ」と自己嫌悪に陥る中井。バカリズムが「やっぱ、そのキャラは難しい?」と問いかけると、「ニコニコしてるだけで人気が出る子いるんですよ、やっぱり」と他のメンバーへの恨み節まで飛び出した。

 バカリズムも気を遣って「今のキャラクターの中井さんが好きで、ファンが支えているわけだから。もっとそう行けばいいんじゃないですか?」と提案しても、「そういうこっちゃないんです」と一蹴。出演者たちのため息がもれる中、言い放ったのが「(人気が得られるなら)パンツでもなんでもあげますよ!」という衝撃のひと言だった。

 予想の斜め上を行く発言に「ダメ、ダメ、ダメ〜」と共演者たちは大わらわ。加藤から「自分を大事に」とたしなめられるも、中井は渇いた笑いを繰り返すばかりだった。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ