2019年02月21日

車で犬を散歩させる動画が大炎上

16日(2019年2月)にSNSに投稿された犬の「散歩」の動画が物議をかもしている。車の中からリードでつながれた犬が、斜めになりながら引きずられるように小走りする様子が映っており、「ひどすぎる。自分が同じことをされないと理解できないの?」「散歩じゃなくて虐待」などと批判が殺到、炎上しているのだ。

88歳の飼い主は「ワシはもう歩けんのじゃ」としょげた

動画を撮影した男性は、すぐに飼い主に注意。飼い主は無理やりの散歩を止めたという。男性は「同じことを繰り返してほしくないという気持ちからSNSに投稿した」と話すが......。とくダネは飼い主を直撃した。

撮影された場所は岡山県高梁市の国道沿い。山や田んぼに囲まれたのどかな場所だ。なんと車はその歩道を走りながら犬を「散歩」させていたのだ。

飼い主の男性は、取材に対しあっさりと動画に映っているのが自分だと認め、「もう年がな、88(歳)になる。だから歩けんのじゃ。犬も散歩させたいし、車の窓からリードを出して、ちょっと運動させようと思った」と説明。

「今朝そのことでな、駐在のお巡りさんも来たんよ。まずかったなあと思う。もう2度としない」と当惑している様子だ。動物虐待と言われたことに関しては「虐待したことはないし、虐待に見えたらそれは悪かったなと思う。犬も喜んでしっぽ振って歩くんですけども...」。

そして「問題になるようだったら犬も飼えんなと思った。何十年と犬を飼っていたが、寂しくなるな」と話した。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ