2019年12月08日

立花孝志は捕まりたい ー立花刑事告訴までカウントダウンか!?ー

立花孝志は捕まりたい ー立花刑事告訴までカウントダウンか!?ー

世紀のクソ政党、NHKから国民を守る党(以下N国)の立花孝志(以下立花)党首が刑事告訴されたそうにしている。二瓶文徳氏脅迫の時みたいにちょっと警察に呼ばれて丁度よく炎上すると思ってるのかぁ?いやいやいやいやいやいやそんな甘く無いでしょー。たぶん次に逮捕されればN国は終わり、立花はこんな大っぴらに活動出来なくなるだろう。


次の逮捕がN国の寿命
今までヤバすぎと指摘されていたいくつかのことが、2019/11/25以降公開のYouTube動画で判明している。中でもヤバそうな臭いがするのはYouTubeで呼びかけての怪しい借入金スキームが実行されたということだ。一部からそのヤバさは指摘されていたが、立花自身が破滅への道へ乗り出してもうその歩みを止められなくなった。

今現在、すぐに警察や検察が逮捕なり告訴に動かない理由は恐らく立花逮捕の「本命の罪状」として内偵をしているからでは無いだろうか。

本命の罪状とは「出資法違反」「政治資金規正法違反」と予想している。立花の杜撰な政治資金管理やいい加減な借入スキームを明らかにすることは、綿密な事前調査と捜査期間も必要になってくる案件だ。じっくりとその機会を伺っていると考えている。

警察や検察は脱法行為を繰り返す立花をチマチマ逮捕して労力を使うようなことはしない。次に逮捕されるなら複数の罪状を一気に明らかにしにいくだろう。すなわち簡単に保釈されないような戦略をとってくるだろうことも容易に想像できる。

つまりそれは立花が意図する炎上どころでは無く、N国という組織が死ぬくらい大きな事件になるということだ。
一斉検挙となるとすれば、起訴まで持っていけなくとも検挙されそうな案件として

・個人情報の意図的な漏洩

・マツコデラックス氏等への悪質なスラップ訴訟疑惑

・柏市における誤認私人逮捕

・二瓶文徳氏の恐喝事件

・選挙制度を悪用してNHK会長宅前での集団抗議行動

・その他グレーな選挙制度運用

・NHK集金人個人を晒すなどの迷惑行為

などなど。本気で警察、検察が逮捕する気になれば罪状はなんとでも出来そうなほどに滅茶苦茶やってきたことが分かる。草。

もしかしたら大橋議員など周辺人物も一網打尽されるかも知れない。

上記の想像どおりであれば、次に立花が逮捕された時、長期間身柄は拘束され資金管理口座は差押えられ、事実上N国は活動出来なくなる。N国の終わりである。次の選挙もクソも無い。

そして立花が戻って来たとき、YouTubeという大きな収入源も無くしている彼に組織を立て直す力も求心力もあるはずが無く、ただの活動家に成り下がるのだ。

クソ動画の内容
2019/11/25公開のYouTube動画で判明したクソ発言を挙げてみる。これを見れば逮捕されても仕方ないという印象を共有出来るのではないかと思う。


上記が対象の動画だが内容としては下記のようなことを述べている。

1.怪しい借入スキームが既に実行された
→実際に振込されている銀行通帳を公開

→振込に行った支持者が銀行で詐欺案件として対応された

2.訴訟案件について
→無理筋なサービサー法を根拠に訴訟を起こしている疑惑

3.個人情報漏洩について
→NHKから個人情報漏洩した該当動画の削除を求める内容証明が送られていることが判明

→違法行為をしている自覚がある上でそれを実行したと発言

4.NHKによる強制執行
→NHKによる強制執行で70万円を没収された(過去民事裁判などで確定した債権か?)

→裁判に敗訴しても金は払うつもりは無いと発言

色々突っ込みどころが多いクズ発言満載の動画である。

逮捕間近の想定をするにあたって本稿では個人情報漏洩に関する発言や状況に絞って見ていきたい。

個人情報漏洩から考えられること
N国立花は先の動画の公開前に個人情報の意図的な流出を行っている。NHKから送られてきた内容証明郵便は、このクズ行動に対して該当動画を非公開にすることを求めた抗議文である。

その内容証明で私が引っかかる所は、動画の非公開について期限を設けていない点だ。

一般的に考えて配達記録郵便による抗議や要請は、それを実行しなければ民事訴訟等の手続きに入るという前段階の最後通告の意味を持つことが多い。にも関わらず期限を設けていないということは刑事告訴の準備に入っているからなのではないか?と陰謀論者のように勘繰ってしまうのである。

というのも訴訟案件というのは、先に民事で和解なり結審がしてしまうと刑事罰は軽減されることが多い。そのため刑事告訴前に民事での係争を避けたと考えられる。

もちろんこれらは想像の範囲を超えないしNHKの内容証明は、どうせ言うこと聞かない立花に期限を設けること自体に意味がないと判断していることを意味しているだけかもしれない。しかし内容証明を送っているということは、刑事告訴では無いにせよNHKとして強制的に動画公開をやめさせる為の最終通告であることは間違いないだろう。

※この駄文を書いてる間にも立花センセーはクズ発言動画をコンスタントにYouTubeに公開していて「個人情報漏洩をたてにNHKを再度恫喝する」とぶち上げている。


告訴時期の想定
個人情報漏洩の現在状況から逮捕が近いとして、実際のXデーはいつになるのだろう?

先に挙げたは「出資法違反」「政治資金規正法違反」が本命だとすれば時期は来年3月末から5月頃にかけてでは無いかと思う。

政治資金収支報告書の提出は毎年3月末までに前年12月末までの収支報告が義務付けられている。この内容が明らかになった時が1番危ないのだ。

或いは他に考えられる日程としては立花が次の選挙に出る前後だろうか。

いずれにしても私は近い将来にがXデーはあるだろうと考えている。その時期はあと半年かからないくらいで、N国の破滅が見れそうだ。

ご愁傷様、立花孝志さん。本文で触れた想像が全く的外れだったとしても、今までのようなデタラメやってれば普通に考えて逮捕は近いと思うよ。その時期が来るのを楽しみにしてる。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 諸派(その他政党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ