2020年05月30日

新型コロナが日本で流行らない5つの仮説

新型コロナが日本で流行らない5つの仮説

(1)もともと社会的に距離を置く日本文化。マスクの着用。

(2)日本では毒性の強い新型コロナウイルスが流行する前に集団免疫を付与する穏やかなタイプの新型コロナウイルスにさらされた可能性。エビデンスはない。

筆者注:京都大学大学院医学研究科の上久保靖彦特定教授らの研究グループが唱えている。

(3)気道における新型コロナウイルスのレセプターであるACE2の発現が日本人はいくらか少ない可能性。

(4)日本人は新型コロナウイルスに対する免疫耐性を与える明確なHLA(ヒトの組織適合性抗原)を持っている。

(5)BCG接種が免疫を訓練・強化している。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200520-00179344/
 
東アジアや東南アジアでは感染者や死者が極めて少ない。
満員電車や過密環境を考慮すれば合点がいかない。

元からコロナの亜型に汚染され免疫力があったのだろう。


たぶん中国人も鬼滅の刃の最終回が読みたかったんだろう。ビビットアーミーじゃ駄目だったという事。


日本人に感染死者数がすくないのは
白人が感染源デアルと考えたら
辻褄が合う
白人に被害が多いのは
アジア人は隔離したが
白人がノーマークダッタノだ

差別イケない


>武漢からの観光客が日本でコロナを広めたわけじゃない

詭弁だね。
日本のコロナの始まりは、北海道と大阪の観光業から。
中国武漢肺炎から逃げた中国人観光客からの感染です。
それを「武漢の観光客でない」というのは詭弁。

本当の中国である台湾が警告を発した時に、日本政府が入国制限と正しい検疫(隔離)をできなかった、その無為無策がすべての元凶です。
12月末に検疫を入国制限と検疫を始めていれば・・・

この無作為が、病気を甘く見たのか、経済を優先したのか、公文書を公開して明らかにしてほしいものです。

え?
検疫に関する行政意思決定の議事録はない?

どんな土人国家だよ。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | ネットゲリラより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ