2020年07月01日

ワイドショーで専門家が語る「新型コロナは高温多湿と紫外線に弱い」WHOは否定

新型コロナウイルスは高温多湿と紫外線に弱いので夏場に下火になると話す専門家がいるが、そう指摘する研究報告もある一方で、異なる見解の報告も出ている。WHOは「新型コロナはどれだけ日光があろうが、気温が高かろうが感染する」と警告を出しており、高温多湿の東南アジアでの感染拡大も続いている以上、現時点で断定するのはミスリードだ。

・新型コロナは高温多湿と紫外線が嫌い?

「どのみちこれから夏ですから。このコロナウイルス、高温多湿と紫外線が大嫌いですから、下火にはなって来ると思うんですね」

これは、5月19日、テレビ朝日モーニングショーでの岡田晴恵白鴎大学教授が語った言葉だ。秋から冬を感染拡大の第二波として警戒しているとの話もあり、この話を信じている人は多い。実際のところ、新型コロナウイルスが「高温多湿と紫外線が嫌い」とは、どれだけ確かな情報なのか検証した。

トランプ米大統領は4月23日の記者会見で以下の発言をしている。

「新型コロナウイルスは気温が低く乾燥した環境で長く生き残り、気温が高く湿度が高い環境では生き残りにくいということが、アメリカ国土安全保障省 (DHS) の研究チームによって確認された」。

また、この会見で、DHS長官の科学技術局顧問であるウィリアム・ブライアン氏はアメリカ国立生物兵器分析対策センター (NBACC) で行った実験の結果を説明し、「太陽光は物質の表面と空気中の両方においてウイルスを不活性化させるとみられる。またそれと同様の効果を高温多湿な環境においても確認した。ウイルスは温度か湿度、またはその両方が上昇する環境を好まない」と述べている。

ただし、ブライアン氏は「これは研究の終わりではなく、国土安全保障省は引き続きウイルスの性質を特定し、そしてこの発見を感染拡大防止策に当てはめていく」と締めくくっている。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ