2020年08月03日

熱海にある「別荘用温泉付きマンション」に来て驚愕

ワソの熱海にある「別荘用温泉付きマンション」に来て驚愕した。
和室一面にカビが生えていたのだ。
5月から24時間エアコンを除湿にしていたがダメだった。

あわてて熱海で100年の歴史を持つという畳屋さんに電話して
見分に来てもらった。畳表はもちろん畳床も総入れ替え
しなければダメだという。これからのことを考えて
ポリスチレン畳床に和紙畳表で発注した。

と、ここまではいいのだが、その畳屋さんの話が面白かった。
月曜日の昨日だけで電話が10本以上入り、今日はその下見だという。
すべてカビ。長く商売されている畳屋さんらしく
旅館やホテルはもちろん個人住宅からも、ここ半月電話が
鳴り止まないとのこと。

コロナで客が減って換気が悪くなった老舗旅館やホテル。
コロナで別荘に来ることができなかった個人客。
それに加えて今年の長梅雨。例年の数倍の畳替えの発注があるそうだ。
他の地域も同じだと思うので、日本中で畳床・畳表の在庫が
なくなるかもしれないとのこと。高温多湿の日本列島だから、
それはもうこの季節は黴にとっての天国なのだ。

その畳屋の社長さんは40代後半かなあ。
いい人オーラが出まくっていて、
ともあれホクホク顔だったので、ワソもつられて嬉しくなったw

風が吹けば桶屋が儲かるではなく、コロナと長梅雨で畳屋が儲かる、だ。
畳屋さんの株式銘柄があったら、是非とも買いたい。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ