2020年08月14日

説得無視してコロナ宿泊療養者が外出 宅配ピザ注文などのトラブルも 大阪

説得無視してコロナ宿泊療養者が外出 宅配ピザ注文などのトラブルも 大阪

 大阪府は11日、新型コロナウイルスの軽症患者らの宿泊療養施設となっている大阪市住之江区のホテルで療養中の50代の男性患者が、警備員らの説得を無視して同日朝に外出したと発表した。このホテルでは8月3日と7日にも別の患者がそれぞれ無断外出していたが、説得に応じず外出を強行したのは初めてという。

 府によると、男性は8日に入所。翌9日に「家を探すから外出させろ」などと要望し、10日には禁止されている宅配ピザを注文。他の療養者にも絡むなど、度々トラブルを起こしていたという。

 11日はフロントに「もう出る」と一方的に連絡し、午前9時半ごろ荷物を持って外出したところを警備員が発見。ホテルにいた市職員や看護師らも加わって計7人で外出禁止の理由などを男性に説明したが、男性は無視してホテルの敷地外に出た。市職員が追跡したが見失ったという。

 男性はタクシーでピザ店や郵便局、コンビニエンスストアに立ち寄った後、自ら「どうすればいいか」と電話で連絡をしてきて、市職員の説得に応じて同11時ごろにホテルに戻った。外出中はマスクを着用し、府は濃厚接触者はいないとしている。

 このホテルでは無断外出が連続したことを受け、当初は夜間に1人しかいなかった警備員を24時間体制で2人配置するなど警戒を強化していた。ただ、府の担当者は「接触すると感染するリスクのある患者を引き留めるのは難しい。療養の意味を理解してもらえるよう粘り強く説明していきたい」としている。【近藤諭】



大阪府内の高齢者施設、3カ所でクラスター発生か

 大阪府は11日、府内の3カ所の高齢者施設で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した可能性があると発表した。

 同日感染が確認された102人の中には、大阪市、豊中市、松原市の3市内の高齢者施設の職員や利用者ら計12人が含まれていた。これまでの発表で感染経路が不明だとされていた人のうち、この3施設の関係者だと新たに判明した人も合わせると、感染者は大阪市の施設で12人、豊中市の施設で5人、松原市の施設で7人になったという。

 また、クラスターの発生がすでに明らかになっている大阪府池田市の高齢者施設で11日、14人の感染が新たに判明し、計27人となった。


最上もが、ウィッグすっぴん写真に「じわじわきました」「ロングもがちゃんもかわいい」の声

 元「でんぱ組.inc」のタレント・最上もが(31)が11日、自身のインスタグラムを更新。ロングのウイッグを付けたすっぴん写真を公開した。

 ある撮影での衣装合わせの一コマを投稿。「すっぴんだしウィッグだし誰?感やばいけど じわじわきたので載せました さいきんの写真、載せてなかったしね」と近影の写真をアップした。

 ファンとのやりとりについて「みんなの好きな音楽 たくさん教えてくれてありがとう!色々聴いてみてる」と感謝。猛暑日が続く中で「今日も暑いね、水分、塩分補給忘れずに、熱中症には気をつけてね(←こないだドラマの撮影で熱中症なったやつ)」と自身へのツッコミを入れつつ、注意を呼びかけた。

 この投稿には「こっちもまた可愛いです」「自然な感じが素敵です」「じわじわきました」「ロングもがちゃんもかわいい」などのコメントが寄せられている。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ