2020年08月13日

沖縄県で新たに64人感染 浦添の小学校でクラスター

沖縄県で新たに64人感染 浦添の小学校でクラスター

 沖縄県は11日、新たに10歳未満から80代の男女計64人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県は、1日当たり過去最多となった9日の新規感染者数を159人から158人に修正。これまでに県内で確認された感染者数は延べ1247人となった。

 県の集計では、直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は42・9人で、11日連続全国最多。直近1週間平均の感染経路が不明な症例の割合も、7割超となった。

 県は今後1週間程度は1日100人規模の新規感染者が出ると想定して、現在251床の新型コロナ対応の医療機関のベッドが360床必要になると推計。県立病院の一般病棟をコロナ病棟にするなどして、計425床までの確保を目指すとの方針を明らかにした。無症状者らの療養として使用しているホテルは新たに那覇市内で100床、宮古島市で30床を確保。12日から利用する。

 また、那覇空港内で抗原検査が実施できる態勢が整い、8日から運用を始めたという。

 一方、県によると、浦添市内の小学校で教員と児童計9人の感染が11日までに確認され、クラスター(感染者集団)が発生したとみられる。クラスター発生は、米軍を除き10カ所目。すでにクラスターが確認されていた宜野座村の保育所の感染者数は、保育士と園児計16人にのぼるという。

 このほか県は、在沖米軍内での感染拡大に関して、新たに米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)など計2人の感染が確認されたと発表。米軍の報告を受けた県のまとめによると、7月7日以降の在沖米軍の感染者は、7基地で計313人となった。


福岡県で54人感染 大学のサークルでクラスター

 福岡県内で11日、新たに54人の新型コロナウイルスの感染が確認された。県内で確認された感染者は延べ3138人になった。また県は同日、70代の女性1人の死亡を発表。県内の死者は計38人になった。

 54人の感染者の内訳は、福岡市発表分が29人、北九州市発表分が5人、県発表分が20人。

 県によると、日本経済大福岡キャンパス(太宰府市)の同じサークルの女子学生6人の感染が明らかになった。このサークルではすでに3人の感染が判明しており、クラスター(感染者集団)が発生したとみられる。福岡キャンパスでの感染者は計21人になった。

 クラスターの発生が指摘されている福岡青洲会病院(粕屋町)では、入院していた80代の女性患者1人の感染が新たに判明。同病院の感染は職員や患者ら計19人になった。

 また、県警南署に勤務する30代の男性警察官が感染。北九州市では、戸畑区にある保育園の40代女性保育士の感染が分かり、11日から臨時休園した。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ