2020年10月23日

迷惑ユーチューバー・へずまりゅうをさらし者送検=@東京とはひと味違う大阪府警

迷惑ユーチューバー・へずまりゅうをさらし者送検=@東京とはひと味違う大阪府警

 アパレル店への威力業務妨害と信用毀損の疑いで大阪府警に逮捕された迷惑ユーチューバーの「へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)の扱い≠ノ驚きの声が上がっている。

【写真】N国の応援演説に駆け付けたへずまりゅう

 同容疑者は同じユーチューバーの「わたきん」こと吉本航容疑者(31=同法違反容疑で逮捕)と共謀し、5月上旬、大阪市中央区内のアパレル店で経営者の50代男性に対し、購入した商品が偽物であるなどと罵声を浴びせて返品を迫り、その状況を自身のユーチューブに投稿し、業務を妨害した疑いが持たれている。現在動画は削除されているが、原田容疑者は巡回中の大阪府警の警察官にも悪態をつくなどやりたい放題だった。

 原田容疑者は18日午前、大阪府警南署から送検。後部座席の原田容疑者は報道陣を見つけるや、ニヤリ。ネット上では「全く反省していない」と非難ゴウゴウだったが、在京テレビ局社員からはこんな指摘も飛んでいる。

「南署前に集まった報道陣には事前に何時にどこから出すとアナウンスがあり、しかも撮らせる&オ囲気だったそうだ。ようはさらし者=B大阪府警の怒りのほどがうかがえる」

 東京では近年、逮捕された著名人の送検時はガチガチにガードを固められることが恒例になっている。先月大麻取締法違反(所持)で逮捕された伊勢谷友介被告も送検時は、スモーク付きの車で窓はカーテンで堅く閉ざされた。

「東京では重大事件でない限り、逮捕された著名人にも『人権がある』という意識に変わりつつある。薬物事犯を扱う警視庁組織犯罪対策5課の幹部は担当記者に『もう撮らせないよ』と宣言したらしい。そうしたご時世のなか、大阪府警のいてまえ≠ヤりは新鮮ですね。警察をナメた原田容疑者を徹底的に追及するつもりなのでしょう」(同)

 厳しい取り調べで有名な大阪府警。原田容疑者から笑みが消える日も遠くはなさそうだ。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ