2021年01月26日

【TVクリップ】「にじいろカルテ」高畑充希「住みたいと思ってもらえる映像に」

 テレビ朝日の木曜午後9時枠の「医療もの」といえば、「失敗しないので」というスーパードクターのドラマがおなじみだが、今回の主人公は、“ポンコツ女ドクター”。ある秘密を抱えたまま、山奥の虹ノ村診療所にやってきた、その医師、紅野真空(くれの・まそら)を演じる。今回がテレ朝ドラマ初出演にして初主演だ。

 「演じるのは医者ですが、これはヒューマンドラマです」ときっぱり。脚本は「ひよっこ」などでおなじみの岡田惠和(よしかず)で、「岡田さんカラーがすごく前面に出た作品。そこに深川栄洋(よしひろ)監督がスパイスを加えることで、見たことのない岡田さんの色が出てくる」というから、よほどの自信があるとみえる。岡田にとっても初の医療ドラマ。とはいえ、かのスーパードクターのような、王道の医療ドラマとは一線を画しているところに岡田らしさも存分に感じられる。

 その岡田脚本については、「やっぱり優しい本を書かれる方だな、と。無理がないし、すごくト書きが多くて、書いてあるように演じると、そういう気持ちになってしまう」と絶賛する。「説明するせりふは嫌いなので、専門用語も難しく感じる。スーパードクターになってたらパニックになってたかも」

 すでにドラマはクランクアップしているが、撮影中、「すごく幸せと思ったのは台本通りに物事が進まないこと。(深川)監督がいろいろ試したいと、あれこれぶっ込んできた」という。同じ虹ノ村診療所の蒼山太陽(あおやま・たいよう)=北村匠海(きたむら・たくみ)、浅黄朔(あさぎ・さく)=井浦新(いうら・あらた)とのシーンが多いが、「私や匠海くんのようなペーペーだけでなく、先輩方も百戦錬磨のはずなのに監督の要望にワタワタして。仲間意識が強くなりますね」と笑う。診療所での食卓シーンで、みそ汁をこぼすシーンでは、意図しないところでこぼしてしまい、それに焦りながら対応する北村や井浦の姿が見られたという。「いつ、誰が何をするか分からなくて、毎日が(演技の)ワークショップをしている感じ」だったという。

 今回のロケ地には、「生まれてから緑が多い環境にいたことがなかったので、本当に癒やされた。生きている感じがした。老後は緑の多いところで過ごしたい」と話す。視聴者にも「虹ノ村があったら、住みたいと思ってもらえるように映っていれば」と演じてきた。それを視聴者が体感できるようなドラマがこの後も紡がれていく。  (兼松康)

      ◇

 たかはた・みつき 平成3年生まれ。大阪府出身。17年にデビュー後、「ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』」で8代目ピーターパンを演じた。28年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主演し、「過保護のカホコ」「同期のサクラ」(日本テレビ)、「メゾン・ド・ポリス」(TBS)などで主演。映画では「ヲタクに恋は難しい」(令和2年)など多数の作品に出演している。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ