2021年01月27日

自民党のオンナ代議士はみんな、宴会で芸者まがいの「おひとつしかが?」みたいなので出世した連中ばかりだ。

自民党のオンナ代議士はみんな、宴会で芸者まがいの「おひとつしかが?」みたいなので出世した連中ばかりだ。


愛国心の足りないなまけ者 @tacowasabi0141

政府批判は仕方ない。でもワクチン不安は煽らないで。三原じゅん子副大臣がメディアの煽り報道に苦言。って彼女みたいな特別に信用ならない人物が、副大臣を務めるような政府だからその政府の勧めるワクチンにも、懐疑の目が向けられてるだけじゃないですかね。彼女は先ず自身の普段の言動を振り返れと。


井上正一郎 @GK6K89SATdUGRAb

小渕優子ちゃん新型コロナウイルスに負けないで頑張って下さい。これからもずっと優子ちゃんを応援しますからね。俺は大ファンです。大好き。これからもずっと頑張って下さい。


Ellie @Ellie_staygold

稲田先生もLGBT勉強したり、杉田水脈議員を叱れる唯一の自民党女性議員ですし(笑) 党派を超えてお話しするのは良いと思います。例えば自民党の西田昌司先生と、日本共産党の大門実紀史先生のように。


ɒɮɒʞɒȶ .Ꭾ ɘᴎʊႱ @junegtakada

杉田水脈に続き、片山さつきまでも…。なぜ与党の女性議員はこうまで、差別して女性や子どもを目の敵にするのか? ◇賛同しました!「自民党総裁 菅義偉: 片山さつき議員による教育機関に対する差別的政治介入に抗議します」 


清水 潔 @NOSUKE0607

「どうすればコロナに打ち勝った証なのか」と問われた橋本五輪相は「東京五輪を一丸となってやっていく。先進国として成熟した国家としてやり遂げることが重要」と、もうニワトリと卵を一人でぐるぐる回す大臣は、大丈夫なのか。


京子 @FhMN4Yi1j7B1BCA

自民党の女性議員って権力者に忖度してる人ばかり。#女性が本気で怒れば自民党は壊滅します


kusa @kusa3681

自民党女性議員にろくなやついない。高市、橋本、片山、今井、野田、小野田、稲田、森、数えたらきりがない。にわか仕込の知識やらへりつくやら。爺共に仕切られてなすすべなし。


◆野田聖子、“将来の女性首相最有力候補”の足元を揺さぶる岐阜県知事選の保守分裂(2021/1/13・日刊サイゾウ) https://this.kiji.is/722045025607483392?c=489071089890952289

今月7日に告示された岐阜県知事選は、年内に迫る衆院選の行方を占う注目選挙といわれている。自民党本部ナンバー3に上り詰めた地元選出の野田聖子幹事長代行がお膝元の選挙をどう取り仕切るのか、その力量が試されるからだ。だが、形勢は予断を許さないという。野田氏の行く末に重大関心を寄せる首相官邸関係者が証言する。「菅政権になって野田さんは復権し、将来の女性首相に最も近い位置につけています。ここで足元の知事選で勝利し、将来の布石を打ちたいところだったのですが、イチ押しだった現職知事の候補一本化に失敗。地元自民党県議団からまさかの対立候補を立てられてしまい、54年ぶりとなる保守分裂選挙に突入しています。もし現職知事が負けたら、野田さんの引責は必至ですし、さらに地元で深刻な事態も発生しているんです」

この官邸関係者によると、野田氏の岐阜後援会の会長企業「S」(本社・岐阜市)が今回の知事選対応に反発し、対立候補を支持する動きを見せているという。官邸関係者が続ける。「後援会が分裂しかねない状況下にあると聞いています。野田さん自身の衆院選すら危うくなるかもしれません」野田氏が推すのは現職4期目の古田肇知事(73)。これに対抗し、地元の自民党県議団が擁立したのは元内閣審議官の新人・江崎禎英氏(56)だ。


西村やすとし #不要不急の外出自粛を NISHIMURA Yasutoshi @nishy03

岐阜知事選立候補中の江崎禎英氏が講演で「『新型コロナは2週間寝れば治る、感染すればワクチンよりもちゃんと免疫ができる』と伝えるよう私から頼まれた」と発言したとのことですがその様な事実はありません。江崎氏にもその旨伝えてあります。重症化する方も多く感染防止策の徹底が何より重要です。


naoピロ @nao63860896

江崎さんに何のメリットがあって西村さんのに頼まれた。...と? こんな風にTwitterやら何やらで批判を頂くようなマイナスなことを顔出しで? 何が本当なのよって話しですわ。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | ネットゲリラより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ