2021年03月05日

みずほ銀行のATM、戻らなかったカードや通帳は「後日連絡し返却」

 みずほ銀行は28日、一部の現金自動預け払い機(ATM)で、預金の引き出しができなくなるなどの障害が発生したことを明らかにした。挿入したキャッシュカードや通帳が取り込まれたまま戻ってこなくなる例もあった。午後7時40分時点で、全国にある約5400台のうち約3000台が停止している。

 障害は28日午前から発生した。定期預金取引のデータ更新作業で障害が発生したことが原因という。この障害は解消しており、停止したATMは順次、再稼働している。1日午前7時までの全面復旧を目指す。

 インターネットで振り込みなどを行うネットバンキングでも、一部の取引ができなくなった。カードや通帳が戻らず、店舗内で足止めを余儀なくされた利用者もいた。

 みずほ銀はホームページで「ご不便、ご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪した。カードや通帳が戻らなかった利用者には後日みずほ銀から連絡し、返却する。預金の引き出しを急ぐ場合、セブン銀行やローソン銀行、イオン銀行などのATMを利用するよう呼びかけた。かかった手数料は後日返金する。

 みずほ銀では、2002年の発足時と11年の東日本大震災直後にも大規模な障害が発生した。いずれも金融庁は、みずほ銀の親会社、みずほフィナンシャルグループに対して業務改善命令を出した。みずほ銀は基幹システムの刷新を決め、19年夏から新しいシステムに完全移行していた。


この責任は
連帯責任として
みずほ関係者
利用者、政府機関などを全員処刑しないと
おさまらないのでは?
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ