2019年08月22日

金、女、暴力団、人殺し NHK紅白歌合戦の腐りきった裏側

自動車保険の加入率、実は74%
無保険もいいな


わしは今年損保使ったで
保険料は年12万円
当方の修理代金は23万円
低速で当てられた方やけどな


で、相手方は
対人対物のみに加入してて
自損は無加入だったらしく
自腹ありだったらしい
保険会社同士の相殺で
当方の保険会社は2割負担だったらしい


煽り運転

生野警察署へ行きたい
生野警察署へ行きたいって
在日のおっさんかなこの人・・・


煽り運転

実は僕も煽り運転じゃないけど
こんな経験あるよ
車で信号待ちをしてる時に
歩行者のおっさんとちらっと眼があったんだ
そしたら突然走って生きて車のドアを開けて
いきなり顔面パンチ
眼鏡の上からだったので片目をつぶされたと思ったけど
幸い目の下を切っただけで大事に至らなかった
不幸中の幸いだったやあ


煽り運転

喚き散らしているおっさんは
そっちのけで隣の彼女に傷の状態を
聞いたりルームミラーで傷の状態を確認したり
生きた心地がしなかったやあ


煽り運転

眼も眼の下の傷も大したことがないと
確認した後
車から降りて道の真ん中で
おっさんと殴り合いしたやあ
見物人で大渋滞してたやあ


煽り運転

因みにおっさんに殴られたのは
最初の一発だけやあ
おっさんの両目が塞がるほど何十発と殴り捲ってやったやあ
だって一つ間違えば失明してたんだから
怒りがおさまらなかったやあ
最後はおっさんが小さな声でもう止めろよって
言ったのを覚えているやあ


路上で取っ組み合いしてるのは見たことある


急ブレーキかけられたことも一度あったな
こちらが車高のあるSUVで
フォグランプが付いてたって怒られた
まあわしのせいやったな


高速のトンネルから
レトリバー犬が走り出てきて驚いた
トンネルへ入るとチェロキーが横転してて
若い男女が転がってた思い出


ポツンと史で最もきついな
あんな高所流石に往復無理だ住みたくないな
物資用リフトがあるからなんとかなってるけど


今日は懺悔の日か


https://www.youtube.com/watch?v=q-_2yykzoM8 | 2019年8月18日 23時12分41秒

金、女、暴力団、人殺し
NHK紅白歌合戦の腐りきった裏側を元NHK職員の立花孝志氏が実名で告白
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少女像についていつも違和感を感じる点がある。

少女像についていつも違和感を感じる点がある。

私なら、少女を守れなかった自国民を恥じて、像など建てる気にならない。と考える。

韓国では違うのか?

もし仮に、植民地支配が悲惨だと思うのであれば、支配されたことを恥じると思う。

民族の誇りとは、虐げられた記憶を残すことなのか?

なぜ、そうなってしまったのかをもっと記憶として残した方がいい。

そして、今いる悲惨な運命の韓国人少女を海外から一掃することだと思う。

過去の慰安婦を非難するのであれば、慰安婦もどきの売春部の輸出は

やめた方がいい。


一昨日夜食べなかったから
昨日うんこが出てない
つまらねえやあ


「アホは成長するほど、より大きなアホになるというが、それは南朝鮮当局者たちを指していう言葉だ」
「自分らが干渉することでもないのに出しゃばって、寝そびれながらどたばたするざまが実に見ものである」
「糞を真直ぐひっても花の風呂敷で包めば悪臭が出ないとでもいうのか」あはははは。

5月28日付のNKジャパンは青少年向けの詩集に書かれている
罵倒表現を紹介しており

トランプに対しては「老いぼれトランプ」
「狂った犬には棒たたきのお仕置きだ」
「水素爆弾を一回食らってみるか?」

ムン・ジェインには「米国産のサプサル犬(番犬)」
「死ぬことも知らずに山犬(米国)に従っている」
と辛辣な表現で非難し
さらには「青瓦台の番犬は焼き肉になるだろう」
あははは、焼き肉になるのかw


アジアプレス・インターナショナルによると

ムン・ジェインに対して
「めったにいない図々しい人である」
「北で猟銃の音が鳴っただけでも糞を漏らすくせに」
とまさに糞ミソ

無慈悲すぎる
表現をバカにしたり批判したり
悪口雑言罵詈讒謗の極みである
バカチョンがバカチョン罵倒
おもしろいから
もっとやれ
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎容疑者は精神科入院歴あり

 茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」を繰り返し暴行を加えたとして傷害と犯人隠避の疑いで茨城県警に逮捕された会社役員の宮崎文夫(43)と交際相手で会社員の喜本奈津子(51)両容疑者。宮崎容疑者は18日、自宅マンション近くの路上で大勢の警察官に取り囲まれた際、大声でこうまくし立て激しく抵抗した。

 「自分から出頭させてください。車には乗りたくないんです。以前に自分にも不納得な理由で監禁が不起訴になりましたけど、恐喝尋問で。手で押さえつけるのはやめてください。東住吉警察署には非常に苦い思い出があるので嫌なんです。車の中にこんなときに入りたくありません。中で何をされるか分からないんで嫌です」宮崎容疑者が言うように昨年3月、京都市内でタクシー運転手を監禁した疑いで逮捕されている。「朝、大阪市内でタクシーに乗車し運転手に行き先を告げ複数の場所を転々とさせた。運転手は逃げようと思えば逃げられる状況だったそうですが車を捨てて逃げるわけにもいかず指示に従っていた。本人は『車から降りたら死ぬ』とか訳の分からないことを言い、夕方京都市内のコンビニで逮捕されるまで運転手に罵声を浴びせ続けたそうです。『組織に追われている』とか『降りたら殺される』と強迫観念を抱いていました」(捜査事情通)その後、運転手と示談が成立し宮崎容疑者は不起訴処分となったが……。

 「処分後すぐに精神科病院に入院しました。10年ほど前から情緒不安定で、ハイテンションの時には人に対して威圧的な態度を取ることがあった。これまでのトラブルは一度や二度ではありません。大阪市東住吉区の自宅と同市中央区で自身が所有するマンションの賃貸業とコンサルタント会社を経営していましたが今年7月にはコンサル会社の登記を自宅に移転した。賃貸業以外の業務はあまり順調ではなかったみたいでほぼ家賃収入で生活していたようです。喜本容疑者とは半年ほど前に知り合ったらしく自分の会社の従業員にして同じマンションの別の部屋に住まわせていた」(知人男性)

 2人は「あおり運転」だけでなく大阪の飲食店などでも従業員に因縁をつけ、脅していたことが次々と明らかになっている。とんでもなくタチの悪いクレーマーカップルだ。


ベルトを緩めれば
楽になる!


宮崎の最初の常磐道で殴ったドラレコみると
なぜかドラレコ画像が広角に広がったり
殴られた反動でブレーキが外れて試乗車にぶつかったとか言うけど
車止められて宮崎が下りてきたときは5メートル以上離れてるんだから
ちょっと足離れたぐらいでぶつかる距離じゃないよね
捏造事件くさいよな
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【謎多き被害者さん素性まとめ】

【謎多き被害者さん素性まとめ】

・愛車は前期型ホンダ・ヴェゼルRS(白)
・お盆なのに女を連れて高速で通勤
・24歳
・喫煙者(LARK)
・白メガネ
・アンダーアーマー、PUMAのTシャツを愛用
・自宅がアパート
・家電がハイセンス
・右車線を走行
・ドアに肘かけ運転
・パッシングで応戦
・スマホで撮影
・手前にSA入口があるのに停車
・窓を開けて大声で「意味わかんねーよ!こっちは何もしてねーよ!」と反論
・オートブレーキホールド機能があるのに衝突
・自分は一切悪くないと開き直る
・車内にもドラレコ
・髭、腕毛が濃い
・やたら色白
・真夏なのに長袖
・助手席に謎の同乗者
・格闘技経験あり?
・なぜがつべに動画をあげず、テレ朝に投稿
・ドラレコ音声消去
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

あおり運転暴行・宮崎容疑者 「神戸デートでタクシー運転手と警察沙汰に…」

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件。指名手配されていた宮崎文夫容疑者(42)は、8月18日に茨城県警に傷害容疑で逮捕された。

 同時に犯人隠避の疑いで逮捕された恋人の喜本奈津子容疑者(51)とは「出会い系アプリで出会い、2019年2月から交際をスタートさせた」(捜査関係者)。

 喜本容疑者が勤めていた都内の大手AV機器会社の同僚が語る。

「喜本さんは会社に10年以上在籍していますが、社内ではあまり目立たず、親しい人もいなそうでした。最近は事務の仕事をしていましたが、今年2月から体調不良を理由に出社していません」

 宮崎容疑者は喜本容疑者と出会う以前から出会い系アプリを活用してパートナーを探していたという。昨年夏に出会い系アプリで宮崎容疑者と出会ったというのが、兵庫県在住の女性A子さん(40代)だ。

「アプリを閲覧していると、宮崎さんのプロフィール写真が目に留まったんです。大阪の景色を一望できるような景観のいい高級ホテルで、エルメスのネクタイを何個も広げている姿でした。それに対してコメントを残したら、宮崎さんからメッセージがきました。《仕事で全国を飛び回っていますが大阪在住です。よかったらご飯行きませんか?》というような内容だったと思います。その後も熱心なアプローチが続いたので、会うことにしました」

 初めて顔を合わせたのは、大阪の繁華街にある庶民的なしゃぶしゃぶ店だった。

「第一印象はなんとなく目が怖かったのですが、語り口は優しかったです。ただ“金持ちアピール”がすごかった。仕事については父親から受け継いだマンションの経営をしている、仕事で全国を飛びまわっている、起業した友人がパートナーでお互い手伝っているなどと説明していました。仕事の話以外だと、インスタに載せているモンブランのボールペンを自慢したり、好きなネクタイのブランドについて語ったり。ただ、食事中も運ばれてくる食事の写真をすぐにスマホで撮るし、食べ方も汚いから『成金くさいな』とは感じました」(同前)

 その日は平日だったため終電前には解散したが、翌週週末に再び会うことになったという。

「急に《今日、よかったら映画みて、スイーツを食べませんか?》とメッセージがきたんです。暇だったので承諾すると、近くまでタクシーで迎えにきてくれました。大阪のタクシー会社でしたが、どこか遠方から来たようで、料金メーターはすでに4、5万円になっていた。『トラブルがあって事務所を追い出された』と話していて、荷台にはたくさんの荷物が積み込まれていました」

 その後2人はタクシーで神戸の三宮へ向かった。

「連れて行かれたのは高台のカフェ。そこでは『以前に京都でタクシーがらみで誤認逮捕されて大変だったんだよ』なんて話していましたよ。悪びれることはなく、自分が被害者のような話しぶりでした」(※編集部注 2018年3月、宮崎は京都市内でタクシー運転手を監禁した容疑で逮捕されている)

 2人が歓談している最中も、タクシーは待たせたままだった。カフェを出たあとは同じタクシーに乗り込み、神戸市内へと向かった。

「彼が『やっぱり映画よりも車がみたい』と言い出したので、中古車ディーラーをまわることになった。熱心に外車を眺めはじめたので手持ち無沙汰になり、タクシーの運転手さんと話をしていました。運転手さんは『もう何時間も拘束されていて、ずっと自慢話ばかり聞かされていて辛い』『本当にお金は払ってくれるのか。これ以上いらないから早く帰りたい』とボヤいていました。そのときにはすでにメーター料金は6、7万円になっていました」

 結局宮崎容疑者は中古車ディーラーが閉店間際まで居座っていたという。夜も更けてきたのでA子さんが「帰りたい」と言うと、宮崎容疑者は「送っていく」とタクシーに乗り込みA子さんの自宅へと走らせた。

「それまで楽しそうに話していたのですが、運転手さんが道を間違えるといきなり豹変して激高したんです。『オマエわざと間違えているんだろ!』『謝るだけで済まさないぞ!』と怒鳴りだしたため、運転手さんは不憫なほど慌てていました。『大阪のタクシー会社さんだし、道がわからないだけですよね。宮崎さんも怒るのをやめてください』と私も必死でとりなしたのですが彼は聞く耳を持たず、とても怖かったです。運転手さんがSOSのサインを出したようで、しばらくすると複数のパトカーが駆けつけました」

 タクシーは国道沿いに停車し、宮崎は警察官に取り囲まれた。

「警察官は10人以上いたと思います。宮崎さんは今回逮捕されたときのように、警察官に囲まれても『今は彼女を送っていかないといけないから!後で行くから!』とひるむことなく言い逃れようとしていました。もちろん運転手さんに詫びることもありません。結局30分近く暴れ、警察に取り押えられました。運転手さんが『彼女は関係ないから』と庇ってくれたので、私はその場で解放されました。その後は彼が怖くて、すぐにLINEをブロックし、出会い系アプリも退会しました」

 現在宮崎容疑者は取り調べに対して「相手の男性に進路を妨害された。危険な運転をしたつもりはない」と供述しているという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ