2019年11月16日

半数以上が無年金者

半数以上が無年金者

人口高齢化は、年金問題と結びつきます。最近の調査では、高齢者で年金を受給していない「無年金者」が、なんと54.1%もいたのです。統計庁の最新調査で判明しました。その調査内容を見ておきます。
韓国の高齢層(55〜79歳)の半数以上が、年金を一銭も受け取っていません。年金受給者でも、およそ3人に2人は月平均受給額が50万ウォン(約4万5800円)未満で、基礎生活(生活保護)の受給費にも満たない金額です。以上は、統計庁が23日に発表した「2019年5月経済活動人口調査 高齢層付加調査」によります。『中央日報』(7月23日付)から引用しました。
こういう、厳しい老後生活を強いられる韓国の高齢者が、健康な生活を送れるはずがありません。栄養的に満足な食生活を送れなければ、病に冒されるのは避けられません。医療費が膨らんで当然です。
ここで、日本人の高齢者が年金面でどのような生活を送っているかを見ておきます。日本では現在、サラリーマン退職者は国民年金と厚生年金を受給し、平均で男性は18〜19万円、女性は9〜10万円ほどの受給額とされています。
これに比べて、韓国は年金受給者が全体の45.9%に過ぎないこと。その受給者の月平均年金額が、3人に2人は約4万5800円未満に過ぎません。1人当りの名目GDPは、韓国が日本の約8割(2018年)水準であることを勘案しますと、韓国の高齢者は絶望的状況に置かれていることがわかります。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

万引き依存症者に反省が見られない理由のひとつに、「被害者意識」があります。

万引き依存症者に反省が見られない理由のひとつに、「被害者意識」があります。

スーパーやコンビニから商品を盗んでおきながら被害者とは、と驚かれるかもしれませんが、これはさまざまなジャンルの加害者に共通して見られます。

DV加害者であれば自分が暴力をふるっておきながら、相手から訴えられると「そこまでひどいことをしたわけではないのに訴えられた自分はむしろ被害者だ」と思いますし、痴漢加害をした男性が逮捕されたら、「ちょっと触っただけなのに自分の人生が終わってしまう」と思います。自分が加害者だという意識は、完全に抜け落ちています。

万引き依存症者は特にその意識が欠けています。「たいしたものを盗っていないんですけどね」――これは、彼らから本当によく聞く言葉で、クリニックに通うようになってもぽろっと口に出ます。認知の歪みに向き合い、修正しにきている場でそう言ってしまうということは、そういう言い訳をすることが日常的に習慣化しているということです。たいしたものを盗っていないのに逮捕されたり叱責されたりすることで、気分はすっかり被害者なのです。

「失敗したから捕まった」でしかない

万引きをした帰り道、Gメンや警察が追ってくるのではないかとビクビクする人もいます。万引きという加害行為をしたことを忘れ、自分のことを怖い人たちに追われている被害者のように思っています。

それでも、さすがに何度も逮捕されると反省をするのではないか、加害者という意識も芽生えてくるのではないか、という期待はむなしく裏切られることが多いです。

逮捕も何度目かになると、家族も「今度こそ」、「さすがに反省して変わってくれるだろう」と切実に祈りますが、残念なことにそれは叶えられません。彼らのなかでは「悪いことをしたから捕まった」ではなく「失敗したから捕まった」でしかないのです。

「やり方が甘くてGメンに見つかるようなヘマをしてしまった」
「この店はマズかった」
「今日は気づかないうちに盗ってしまったけど、次はもっと注意して盗ろう」
「運が悪かっただけ、私は悪くない」

といった程度の考えです。要はバレなければそれでいいという考えなので、そこにはやはり認知の歪みがあります。

逮捕後、罰金刑を言い渡されることがあります。刑法上は50万円が上限ですが、最初は20〜30万円ぐらいが相場です。盗んだものの金額は、まったく額に反映されません。300円のものを盗んで30万円の罰金というのは、彼らにとって「割に合わない」ことになり、「何もそんな高額な請求しなくても」という被害者意識にすり替わります。

けれど実際に払うのは本人ではなく家族というケースが多く、そうなると本人は痛くもかゆくもありません。真の反省はますます遠ざかります。そのうちまた万引きをし、家族はさらに疲弊していくのです。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

スポンサー料は年間1億超 スノボ「國母和宏」逮捕で失ったカネ

 「反省してまーす」2010年当時「腰パン」「シャツの裾出し」が“五輪代表選手にふさわしくない” と、バッシングを受けたプロスノーボーダーの國母和宏容疑者(31)は、反省していなかった。

 11月6日、大麻取締法違反容疑で、関東信越厚生局・麻薬取締部(麻取)に逮捕された國母。輸入した量は、57g。営利目的が疑われ、妻子が住む北海道の自宅も家宅捜索を受けた。「営利目的での輸入について、本人は否認している。大麻の末端価格は、乾燥大麻1gで5000円〜7000円とされているが、このところ2倍、3倍と高騰している。

 國母が輸入したとされる『大麻ワックス』は専用の電子タバコにペーストにして入れ、気化した蒸気を吸うもの。乾燥大麻よりも純度が高くて “効く” そうで常習者はこちらを使うことが多い」(捜査関係者)

 國母容疑者はバンクーバー五輪後、全米オープンを連覇するなどスノボ選手として活躍。近年は、全日本スキー連盟のコーチになるなど、後進の育成にも携わっていた。「國母さんはスノボのドキュメンタリー映像作品などへの出演を重ね、世界的に高い評価を受けています。8000m級の高峰を、國母さんがスノーボードで滑降するという計画を、北米のケーブルテレビ大手が進めていたところだったんです。

 その年間契約料は、200万ドル。加えて10社以上のスポンサーから年間1億円以上の広告料をもらっていたはずです。今回の逮捕で、すべて白紙になってしまうでしょうが」(広告会社関係者)

 これは「さらなる逮捕劇の始まりにすぎない」と明かすのは、別の捜査関係者だ。「先に『あるスケート選手が逮捕される』と聞いていたので國母の逮捕を聞いたときは意外でした。ただ國母はスポンサー筋を通じてスケート選手たちと親しい。次のターゲットに、彼の名が出てきても不思議ではありません」

 数億円も年収があれば、「反省」など人生に必要ないのかも。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手厚い人権・福祉先進国の結末

スウェーデンで、コカインや覚醒剤の所持・使用で捕まる
高校生が増加しており、警察が注意喚起している。
「学校ではかつてない程ドラッグが広まっており、
街頭での暴力行為に繋がっている」

スウェーデン の学校は、混乱と暴力が支配している。
「教師教育もオンブズマンも役に立たない。石を投げた生徒を捕まえたら、
暴力を振るったとして学校が罰金を取られた。
教師はどうしていいかわからない」

スウェーデンの保護者は教師に対する敬意がゼロ。子供や親は、
何かあると子供・児童オンブズマンに報告するぞ、と威嚇するので、
多くの教師が辞めている


手厚い人権・福祉先進国の
結末


スウェーデンの教育や風紀の乱れの投稿ありましたが
当然でしょう。福祉に重きを置きすぎ国民の活力、精神の俊敏さが削がれ退廃に向かう。

だからあの国は逆に性風俗の乱れが蔓延し
世界一のポルノ大国となった。(根拠ありません)


そんな福田さんも、スウェーデンに留学して衝撃を受けた。

「課外活動として、性教育協会に参加したのですが、大学でコンドームを配るんです。セックスのやり方に関するブックレットも配布していて、そこには性器の愛撫の仕方まで書いてありました。正直、ここまで必要なのかなって思うほどでした(笑)」

 スウェーデンからの留学生、エリサ・オエバーグさんがスピーチする。

「冬のスウェーデンは暗いし寒いから、セックス以外にやることがないの(笑)。だからなのか、調査すると中絶率の高い地域は北側に多くあったんです。

 そこで、政治家と掛け合い、その地域で避妊具の無料提供が実現すると、半年後、中絶率は半分になりました。スウェーデンでは、避妊に関してそれ以外にもたくさんの選択肢があるし、多くが無料です
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

技能実習先から逃亡し、不法滞在をした中国人「もう日本には来たくない」

 今回から裁判傍聴の連載が始まるということで、ある日の午後、東京地方裁判所にやってきた。荷物検査の先にある開廷表で今日の裁判を見てみると、なんとそこにはあの「新井浩文」の名前があった。しかし残念ながら、裁判は午前中に終わってしまったみたいだ。やってしまった。20倍以上の倍率なので傍聴券が当たる確率は低かったが、並んでみる価値はあったはずだ。開廷表をさらに見てみると、被告人欄に中国人の名前がある出入国管理及び難民認定法違反の事件があった。

解体工の中国人がオーバーステイ

 近年は、日本にやってきた技能実習生や留学生がカネに困り、犯罪に加担してしまうケースも少なくない。外国人労働者に対する待遇は大きな社会問題となっている。コンビニエンスストアでレジに立つネパール人はいつも退屈そうな顔をしているなと思っていたが、思い返してみればカトマンズのハンバーガー屋で働いていたネパール人の兄ちゃんも同じ顔をしていた。ニュースや記事では、そんな外国人労働者たちの悲痛な実態をよく目にするが、実際に間近で当事者の声を聞いたことはなかったのだ。この中国人はなぜ、オーバーステイをしてしまったのだろうか。

 法廷に現れた中国人の李君(仮名・27才)は小柄で細身だった。顔は青ざめており、生気に乏しかった。とにかく暗くて、暗くて仕方がないくらいに暗い表情をしている。傍聴席には、リクルートスーツを着た大学生の女のコたちが授業かなにかで15人ほど団体で来ており、若干キャピキャピしているのだが、そんなものには一瞥もくれずにただ下を向いている。李君は東京都江戸川区の路上で職務質問を受けた際、在留期間を過ぎていることが発覚し、逮捕された。当時の職業は「解体工」だったというが、そんなに細い身体では結構大変な仕事である。なぜ、そんな仕事をしていたかというと、それはもちろん不法滞在で仕事がなかったからだ。

不法滞在の李君の言い分

「わたしは技能実習生として3年間日本の工場で働いていました。仲介業者には3年間で600万円は貯まるといわれていましたが、実際の給料は月に12万円ほどです。あまりにも給料が低すぎるので、実習期間が終わる直前に工場を飛び出しました。あともう1年くらい日本で働いてから、入管に出頭して国に帰るつもりでした」

 実習先での仕事はというと、毎日毎日印刷工場の中で商品を梱包するのみ。しばらくすると、紙をたたむ仕事も与えられたが、それでいったい何の技能を学べるというのだろう。日本にはもちろん、600万円のカネを目当てにやってきたのだろうが、仕事の内容にも、それなりの期待はしていたはずである。それが、延々、紙をたたむだけなんて、言葉が正しいかどうかはわからないが、気の毒としかいいようがない。裁判官に「技能実習生として日本で何か学んだことはあるか」と聞かれると、李君は「日本では技術を学ぶことができました」と淡々と答えた。もう完全に「日本なんて大嫌いだ」という顔をしながら話している。

 そもそも月12万円の給料では、3年間ビタ一文使わずとも、432万円しか貯めることができない。李君は、祖国の家族に送金もしていたので、カネなど貯まるはずもなく、工場を飛び出したときの所持金は数万円だった。その後、数ヶ月は解体工をはじめ、都内で様々なアルバイトをしていたというが、なぜ在留期間が切れているにも関わらず普通に働くことができるのか。大阪のあいりん地区では、身分証がなくとも誰でも仕事に就くことができるが、いってもここは東京である。調べてみると、在留カードを偽造して違法に販売するグループが日本にはいくつかあるようで、李君も偽造在留カードをもって面接をクリアし、採用されていた。逮捕直前に付き合っていた人々の中には、この偽造在留カードで不法滞在している人が何人もいたという。

 「いま考えれば、工場を飛び出さずに素直に帰国すればよかったと思っています。逮捕されて裁判になることや、強制送還も一瞬よぎりましたが、不法就労をするとどういうことになるか、ほとんど考えていませんでした。生まれの西安にかえっても、わたしに仕事はありません。ですが、南部に行けば、日本で学んだ技術を十分に生かした仕事に就けると思っています。わたしはもうそろそろ30才、帰国して家庭を築かなくてはいけません」

 不法滞在・就労についての知識も乏しく、ズルズルとオーバーステイしてしまったのだろう。弁護士との打ち合わせ通り、計画的犯行ではないことを訴えているのだろうが、李君の当時の心境はその重苦しい表情からも伝わってくる。紙をたたんでも、たたんでもわずかばかりのカネしかもらえず、気が付けば在留期間が終わってしまった。しかし、学んだことといえば、紙のたたみ方とカタコトの日本語のみ。いまさら国に帰っても仕事が見つかる保証などないし、思い描いていた3年後とはあまりにも違いすぎる。ならば、とりあえず日本で生活して、将来のことを考えるのは先延ばしにしておこう。そんな感じでズルズルと日が経ち、とうとう捕まってしまったのだろう。

李君はどんな生活をしていたのか?

 裁判中に李君は、逮捕の直前まで江戸川区新小岩にある自宅に住んでいたと話していた。駅から歩いて15分ほどの住宅街で、歩いている人には中国人が多いようだった。たまたま近辺を歩いていた中国人夫婦に李君の名前を聞いてみる。

「李って苗字はいっぱいいるから同じか知らないけど、うちは中国人の留学生専門の下宿をやっていてね。李って人も最近までいたよ」

 夫婦によると、「李君は恰幅がよかった」というので別の人だとは思うが、聞くところによるとこの辺には同じような下宿がいくつかあるらしい。夫婦と一緒にボロボロの下宿に入り、鍵のついていない狭い部屋を開けてみると、散らかった床にベッドが2つ置いてあり、中国人の若者が眠そうな目をこすりながらこちらを見ている。李君もこんなふうに日々を過ごしながら、いろいろなことを考えていたのだろうか。

 裁判官が「今後も日本には来たいと思うか」と問うと、「日本にはもう来ません。もう来たくありません」と、李君は答えた。判決は懲役1年の執行猶予3年。李君はこれから強制送還となる。どうか、母国の中国では明るい顔をしていてほしいと願うばかりだ。

<取材・文/國友公司>
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ