2018年02月25日

上智大卒、新人賞受賞作家なのに、あらゆる場面で「戦力外通告」、大人の発達障害のリアルを本人が綴る

上智大卒、新人賞受賞作家なのに、あらゆる場面で「戦力外通告」、大人の発達障害のリアルを本人が綴る

 1997年に新潮新人賞を受賞、著作の『ダンボールハウスガール』が米倉涼子主演で映画化もされた小説家・萱野葵氏を襲った危機。生活のために始めたアルバイトは失敗ばかりで、どれも長続きしない。「言語性知能」と「動作性知能」のギャップに、その謎を解く鍵があった。萱野氏が自らの体験を綴った手記を寄稿した。

*  *  *

 小説を書けないという困惑から、すべてのことが始まった。

 1997年に小説家としてデビューしたが、2001年にはすでにピークが来ているのを感じていた。正確には、書けないというのではない。書いても「これは行ける!」という感覚がなくなってしまったのだ。完全なスランプだった。

 しかし、一生、小説だけで生きていける人間など一握りだ。私は小説を書くのをやめ、世間の人と同じように働くことにした。医療事務、警備員、牛丼屋店員、スーパー、受付、その他いろんなジャンルの仕事をしてみた。

 もちろん、働くのはこれが初めてではない。しかし、働こうと決心はしたものの、本当は働くのが恐ろしかった。

 初めて働いたのは成人を迎えた後、大学2年生でアルバイトをした時だ。ビアホールだった。私は仕事ののみ込みが異常に遅く、もっと速く動いてくれと言われた。飲食店ではテーブルにA1、B2のように店員だけがわかる番号をつける。これを卓番といい、夕方になると「ワンビアA2!」「ツービアC3!」などの怒号が激しく飛び交う。私は最後まで、この卓番が覚えられなかった。おどおどとしながら必死で席を探すが分からずパニックになる。大学のサークルには何とか馴染めたのだが、バイト先では常に浮いている自分がいた。私はたった3カ月でビアホールを辞めた。

 その後、居酒屋のバイトに入った。ビアホールではうまくできなくても、環境が変われば仕事のできる人間になれる、そう信じたかった。しかし、ここでも評価は最悪だった。まず揚げ物と焼き物の区別がつかない。焼き鳥を注文されて、調理場の揚げ物担当の人にオーダーを持って行ってしまう。そして「焼き鳥は焼き物だよ! 分かんないの!?」と怒られる。あるいはコロッケを注文されて、焼き物担当に持って行ってしまい、「コロッケは揚げ物でしょ!?」と怒られる。夜の居酒屋はラッシュだったから、私のトロさは際立って見えた。男性店員にいじめられ、1カ月で辞めた。

●「一流大学なのにできない」同僚に陰口を言われた

 それでも懲りずに、小料理屋でバイトしたが、メニューを覚えられず、中国人や韓国人の店員にフォローしてもらう有様だった。パート従業員の中年女性が、「大学は一流でも仕事のできない人っているものなんだね」と聞こえよがしに私のことを他の店員に話すのが耳に入り、いたたまれなくなって辞めた。

 コンビニの店員をしても、同じように店長に叱られてばかりで勤まらなかった。

 大学を出てからOLになったが、ここでもひどい評価を受けた。とにかく仕事ができないから、会社に対して申し訳なかった。コンピュータールームでひたすらデータを打ち込む仕事は退屈でならなかった。しかし、誰も私に難しい作業はさせなかった。クビになってもいいと思ったが、不思議とリストラも肩たたきもなかった。

 後で聞くと、この会社は今まで一度もリストラをしたことがないという。温情豊かな会社に就職したものだ、と思ったが、それでも仕事ができないことと、仕事に楽しさを感じられないことは致命的だった。可愛がってくれた女性社員が、

「もう辞めたほうがいいよ。向いてないよ。小説に専念しなよ」

 と助言してくれたのをきっかけにして、私はOLを辞めた。


 その後、安アパートで一人黙々と小説を書いていたが、それだけでは食えず、スーパーでレジのバイトをした。

 自分は仕事ができない、と思いたくなかった。普通の人ができることをできる人間だと思いたかった。

 ところが、レジ打ち以外の、途中で売上金を数えたり、閉店後にレジを締めたりという仕事が、やはりうまく理解できず、混乱し、いづらくなって、これもふいっと辞めた。

●何度説明を聞いても仕組みを覚えられない

 そのすぐ後に小説の新人賞を獲り、何冊か本も出し、雑誌でこまごまとした記事を書きながら、何とか生きてきた。しかし、小説が書けなくなってしまった。それで冒頭に書いたように、働くしかなかったのだ。

 その後もありとあらゆる場面で、「戦力外通告」を受けた。牛丼屋では昼間の注文の激しい時間帯を避け、夜の掃除専門で入った。そこで年上の女性から「掃除がのろい」と怒られた。私は怖くなって、懸命に早く掃除を終えるようにした。すると今度は「掃除した後がひどく汚い」と言われた。彼女は人をいじめるタイプではない。ただ、私のあまりにひどい働きぶりに業を煮やしているのだ。

「どうしてそんなに仕事ができないの? あなた本当に大卒なの? 私は高卒だけど、あなたよりずっと仕事できるわよ」

 と言われ、私は俯くしかなかった。

 こうした状態を、小説が書けなくなってから10年以上も繰り返した。最後に勤めたのは高級スーパーのレジ打ちだ。品物をバーコードに通し、袋詰めにする。それが「ひどくのろい」と怒られた。スーパーにはコーヒーメーカーがあり、夜勤帯のバイトが掃除を命じられた。しかし、私は、コーヒーメーカーの内部の仕組みが、何度説明を受けても全く理解できなかった。

「あなたにはもう教えない。普通なら2回で覚えるよ」

 と先輩女性従業員は声を荒らげた。

 私は必死で仕組みを覚え、できるだけ早くコーヒーメーカーを洗浄しようと努力した。すると、家に帰ってから、店長から怒りの電話があった。

「コーヒーメーカーの掃除がひどく汚い。別のバイトが一からやり直した」

 この一件で、私は「もう無理だ」と悟った。誰にでもできることが自分にはできない。もう何かがおかしいとしか思えなかった。

 私はとうとう、病院の門をくぐった。

 医師に今までの人生をざっくりと話した。自分には精神疾患がある、と私は疑っていた。ところが、医師は臨床心理士に知能テストをするよう命じた。私は言われるままにテストを受けた。WAIS=III式という日本ではごく一般的なバージョンのテストだ。

 数週間後にテストの結果が出た。驚くべき事実が待っていた。

 知能テストは言語性知能テストと動作性知能テストに分類される。言語性知能とは、通常、「偏差値」と関係していて、意識的な学習の成果とされる。これは、いわば思考力の高さを測る物差しである。動作性知能とは、社会で必要とされる様々な「作業」を司る知能である。こちらは、その場その場の環境変化や問題発生に臨機応変に対応できる能力のことである。言語性知能の検査項目は「言語理解」と「作動記憶」であり、動作性知能の検査は「知覚統合」と「処理速度」からなる。言語性知能と動作性知能を合わせた全体的知能の、平均的な知能指数は90〜109の間。70〜89が「境界例」、50〜69が「軽度知的障害」とされる。

●抜きん出た言語性知能 平均下回る動作性知能

 私は言語性知能が114と、平均より高かった。ところが、動作性知能は平均をはるかに下回り、「境界例」である74。動作性知能のうちの「処理速度」に至っては66で、「軽度知的障害」のレベルであった。

 両方を合わせた全体的な数値は96と「平均値」に収まっていたが、あまり意味はない。大事なのは、言語性知能と動作性知能の差が40もあるということだ。医師は差が40もあるのは極めて稀としながらも、

「あなたは視覚的で単純な素早い作業が苦手だね。言葉の能力が高いんだから、言葉を使う仕事をすればいいよ」

 と気安く言った。しかし、言葉を使う仕事ができれば世の中を渡れるわけではない。

 私はコーヒーメーカーの掃除であれレジ打ちであれ、仕事ができるようになりたかった。一方で、動作性知能が境界例と診断されたことで、安堵もしていた。自分が仕事のできない理由が分かったからだ。自分はさぼっているのではないか、と思う時ほど罪悪感にさいなまれる瞬間はなかった。でも、それは違った。私の知的水準が低すぎたのだ。

 大学時代から続く「戦力外」体験に私は自信を失い、引きこもりのようになってしまっていた。逆に言えば、全国で54.1万人(内閣府推計)、予備軍は110万人とも推定される引きこもりの中にも、私のような人々がいる可能性がある(ちなみにこの数字は15〜39歳だけを対象にしたものだが、40代以上を含めると、ぐっと増えて、300万〜500万人もの引きこもりがいるのではないかと推定されている)。

 東京都にある発達障害者のための支援センターで自分の状態を話し、相談に乗ってもらった。知能テストだけで診断名がつくことはなく、様々な検査をして総合的な判断をするのが普通とのことだった。ただ、簡単に言えば、言語性知能が動作性知能を上回るケースを、非言語性学習障害という(しかし、この呼び方は現在あまり使われていない)。融通が利かず、環境の変化や対人関係に柔軟に対応できず、刺激に直面するとショック状態になったりし、空間認知能力や運動神経に問題があるという症状である。そして、非言語性学習障害は、アスペルガー症候群と同義ではないが、アスペルガー症候群との共通点が極めて多く見られる。

●「それはしんどかったね」相談員は驚いて言った

 アスペルガーは生まれつきの性質であり、基本的に「治癒」することはない。対症療法としては、パニックが起きないように環境調整をしたり、苦手な状況を回避したりする、人から誤解されたら、自分の話し方のチェックを心がける、など、素人でも分かりそうなことしかない。治療はできないが、パニックなどの症状回避のためには向精神薬の服薬は有効性がある。またアスペルガーはそれによる鬱、神経症、適応障害などの「二次障害」も生むので、服薬はその場合にも必要となる。

「言語性知能と動作性知能の差が40もあったの! それは生きるのがしんどかったね」

 私の話を聞いた相談員は、驚いてそう言った。

 それでも私は患者の中では、少しは幸福だったと言えるのだろう。少なくとも生まれつき障害があったのを、今まで感じることなく生きてこられたのだから。そして、昔だったら「異端者」と片づけられたかもしれないものが、実は「発達障害」なのだ、と認識される時代を生きることを許されているのだから。

 生きづらさを抱え、対人関係に苦慮しながらも、自分は非言語性学習障害やアスペルガーではないかと疑ったことのある人は、それほど多くないだろう。そういう人には、この発見されにくい、そして自覚されにくい障害があるかどうかをチェックするために、専門機関を訪れてみてほしい。私も自分の障害と向き合い、見たことや感じたことを書いて伝えることで、少しでもそうした人の力になれたらと思う。

※AERA 2018年1月22日号


さて
カスタードアップルパイでも
食らうか
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

【悲報】LINEさん、終わる。携帯3キャリア「SMS強化してLINE潰す!70文字たったa3円!」

【悲報】LINEさん、終わる。携帯3キャリア「SMS強化してLINE潰す!70文字たったa3円!」

 NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社はスマートフォンの
ショートメッセージサービス(SMS)の機能を刷新し、新たに動画や長文などを送れるようにする。
年内にも新サービスを投入する方向で最終調整を進めていることが日経コンピュータの取材で分かった。
「LINE」など先行するメッセージングアプリに対抗し、音楽配信や雑誌の読み放題といった自社の有料サービスの利用増につなげる。

 SMSは電話番号を使って文字などをやり取りする仕組み。スマートフォンや携帯電話を持っていれば、特定のアプリをダウンロードしなくても利用できる。
ドコモなど大手3社はそれぞれ自社の契約者向けにSMSのサービスを提供しているほか、互いのサービス網を相互接続している。
このため例えばドコモの利用者がauユーザーにメッセージを送信できる。

 ただし現状では一度に送れる文字数に制限があり、一部の機種を除いて動画は送れない。
絵文字は通信会社が異なると文字化けすることがある。コミュニケーションの手段としてはLINEなどに比べて使い勝手が悪かった。
以下ソース
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00076/


ベネズエラ、国民平均11キロの体重減=経済破綻で深刻な食料難

 【サンパウロ時事】深刻な食料難に見舞われている南米ベネズエラで、国民が2017年に平均11キロ体重を減らしたことが地元3大学の合同調査で分かった。ロイター通信が21日伝えた。16年は平均8キロ減で、事態は悪化している。

 調査は20〜65歳の6168人を対象に実施。87%が貧困にあえいでおり、6割以上がここ3カ月、空腹のあまり目を覚ましたことがあると訴えた。また、約25%が1日2食以下で過ごしていると回答した。 


【悲報】通信制高校の闇で打線組んだ結果wwwwwww

1(一)大学合格して神扱いの奴がどこに受かったか見てみると有名なFラン
2(遊)3年間で数学1Aすら終わらない
3(二)全ての教科が小学生レベルの復習から始まる
4(中)数回しか学校来てない奴が余裕で卒業してる
5(右)陽キャっぽい奴もオタクっぽい奴も揃って目が死んでる
6(三)意識高い系ぶってる奴らの主な話題がまとめサイトの面白い記事
7(左)卒アルの印刷・製本が同人誌と同レベル
8(捕)明るい可愛い努力家の女の子がめちゃめちゃ嫌われてる
9(投)「学力足りないから一浪して国立大入りたい」と相談したら緊急職員会議が開かれる
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

銃規制訴えの高校生に「やらせ」説、ネットでまたデマ拡散

銃規制訴えの高校生に「やらせ」説、ネットでまたデマ拡散
2/22(木) 12:22配信


(CNN) 米フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件を受けて銃規制強化を訴えていた同校の在校生について、実は役者だったとするデマがネット上で拡散し、ユーチューブやフェイスブックは21日、対応についての説明に追われた。

フェイスブックやグーグルは、これまでにも繰り返しデマや陰謀説の拡散に利用され、そのたびに「次はもっとうまくやれるよう努める」とコメントしている。

フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件を生き延びた在校生のデービッド・ホッグさんは、以来、銃規制強化を求める運動の先頭に立って、発言を続けてきた。

ところがホッグさんについて、実は「役者」だったとするデマ動画がユーチューブに投稿され、21日早朝、トレンドのトップに浮上した。

ユーチューブはその後、この動画を削除したが、再生回数は既に数十万を超えていた。ユーチューブは問題の動画について、大手報道機関の映像が含まれていたことから、システムが分類を誤ったと説明。「このビデオはトレンドに登場すべきではなかった」と述べ、過去に何度も使ってきたフレーズを繰り返して「システムの向上に努める」と締めくくった。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

ガソリンスタンドの減少

ガソリンスタンドの減少が
EV普及を加速するという考えに同意
実際にスタンドの減少は加速しているし
田舎では一番近くのGSまで10キロなんて
ザラだし


ガソリンスタンドの数は減少を続け、ピークの1994年度6万店強から2016年度は約半分になった。国内の石油各社は、主力の石油関連事業が長期的に需要減少傾向にあるなかで、提携や合併を模索し、新たな市場開拓に活路を見出さざるを得ない。かつての石炭業界の轍を踏んではならない。


ガススタの財務分析をしたことがありますが
競合店が近所にある町中のスタンドは
粗利率が10~15%程度しかありません
激戦区だと10%を切ります
年商300百万円なら粗利で
30百万円~40百万円程度
これだと正社員の雇用だと2~3人が限度です。

しかし地域にひとつしかないお店だと
25~40%の粗利が取れる値付けを
しているところもあります
年商100百万円で粗利で
30百万円程度は確保できますが
大して儲からないのです
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会内で泥酔し、歴史にのこるセクハラを起こした政治家といえば元大蔵大臣の泉山三

国会内で泥酔し、歴史にのこるセクハラを起こした政治家といえば元大蔵大臣の泉山三 1896年生まれの泉山は東京帝大を卒業後、三井銀行に入行。日銀総裁も務めた三井財閥の総帥・池田成彬に目をかけられ、戦後に政治家に転身する。池田の「使ってやってくれ」の一声で当時の首相の吉田茂は一面識もない泉山を蔵相に起用したというから、昔も今も、世の中コネと運である。
 
 泉山の自伝『トラ大臣になるまで』(新紀元社)を読むと、現代と時代が違うとは言え、泉山の泥酔の酷さには呆れるのを通り越して、微笑ましくもなる。
 
 1948年(昭和23年)、国会も終盤を迎え気が緩んだか、中断中に夕刻の会食で泉山は酒をガブ飲みする。大臣室に戻ったものの本人の記憶では、「自分の椅子に腰を卸してからが、私には朦朧として記憶がない」とかなり危うい。周囲の人間が「無理矢理にゆり起こしたそうだが、それでも起きなかった」。てか、なんで自伝が書けたのか謎である。 
 本会議が始まり、取り巻きに部屋から連れ出され議場に向かうものの、「朦朧どころではない、丸で解らない」状態。「苦しくなって議場横の廊下でソファーに寝そべった」というから大臣辞める云々の前に大人としてどうなんでしょうか。六だけだろう。

ヤバイ奴は表に出すなは今も昔も変わらないが、泉山は前後不覚のくせに国会に戻れと車中でぶち切れる。お付きの者は渋々、国会に戻るも、当然ながら人様にお見せできる状態ではなく、医務室へ直行。注射を打つも、医長は驚愕する。「瞳孔が開いていたとのこと。これが大問題となって、後に司直の手が延びることになったのも、このためであった」。もう、セクハラがかすむ泥酔劇。そのまま医務室で寝てればいいのに、酔っ払いにもプライドがあるのか「良心が咎めてか、こうしては居られないと呶鳴って医務室を出た」ものの、そこを写真に撮られる。「これデカデカと翌る日の新聞に出されて、天晴れ天下のさらし者となってしまった」。ここまで、やることなすこと全てが裏目に出るのも珍しい。 当然ながら、野党の面々に見つかり、「サア大蔵大臣の泥酔、これをたたけ」と総攻撃を食らう。その上、食堂や廊下で他党の女性議員に抱きついたり手を握ったり、キスしたり、かみついたりしていたことも発覚。野党に追及されている最中、当の泉山は車に乗せられ、匿われる。「お濠ばたを三回もグルグル廻って、官邸へも逃げ、自宅にも隠れた」とか。

政治生命は完全に絶たれたかと思いきや「辞めっぷりが良い」と世間はなぜか評価。知名度が逆にあがり、「信を天下に問う」と、復活を期した選挙では全国区であった当時の参議院選挙で370人の候補者中7位で当選。街頭演説中も「あまり酒を飲むなよ」と大人気だったという。高松市を訪れたときは「我々関西や四国などには、ドダイ大人物は出ませんよ。国会でキスをするなんて、桁はづれの大物はいないです」との声もあがる。
 
 人生、どう転ぶかわからないと結ぼうとしても、世の中が酒に寛容だった上に、「セクハラ」という言葉がない遠い昔の話であるだけに、今回ばかりはサラリーマン諸氏の教訓にはならないか。 
 余談だが、当時、20代だった女優の浅香光代は「男がキスぐらいしたって、どうってことないじゃないか」と擁護したことで、泉山と昵懇になり、その縁で紹介された大物政治家の子どもを身ごもることになる


「今の若者世代にとってバブルは都市伝説みたいなもの。とても現実とは思えない異世界の出来事で、ダンスや服装をコピーすることによって、遊園地のアトラクションのように楽しみ、疑似体験しているのではないでしょうか。好景気を知らない若者世代には、タクシーをバンバン使って札束が飛び交ったあの時代への憧れもあるように見えます。私たち中高年世代のノスタルジーではなく、見知らぬ過去との全く新鮮な出合いとして、今の若者はバブルを見て、接している。それだけ時が流れた。言い方をかえるなら、バブルがすでに歴史上の出来事になっているという証左なのでしょう」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ