2017年11月21日

幸福という車の両輪は自己実現と対人調和からなります

幸福という車の両輪は自己実現と対人調和からなります。それらが連動すると個人ならなりたい自分になることを通して自分も相手も笑顔になること、組織ならメンバーが協調し一体感を生みながらみんなでひとつの目標を達成していくことになります。そのような自己実現と対人調和の交差点は充実感あふれる比類なき体験となります。

おそらく人類というチームは当面の間、経済成長という共通目標に向かって進んでいくでしょう。問題はそのときお互い手を取り合い一致団結して進めていくか、または一部の勝者のために大多数が犠牲になる仕組みのまま進めていくかです。もしも人類が後者を選択するならば、右手の痛みは左手の痛みとなるでしょう。心はみんなつながっていて、バラバラなものは何もありませんからね。


江戸時代の日本のように、技術進歩が無く、100年経っても同じ生産力で「全員が一所懸命に働いて、やっと飢えないだけの食料を得られる」なら、失業はありません。義理と人情を大事にして助けあって暮らすことが出来れば、全員が幸せなのかも知れませんね。江戸時代の人に聞いたわけではありませんが


そんなことは皆わかっているが、嘆いても仕方ない。
資本主義という壮絶な競争環境の上に生きているので。
資本主義の結果は少数の勝ち組と大量の負け組創出となる。
当たり前だが全てがウィンウィンとはならない。多くはゼロサムだ。

経済成長や技術発展の呪縛から解放されたら楽な気もする。
でも社会主義が良いわけではない。
ロボットが働いてベーシックインカムで利益分配すれば解決するのか?
上昇志向、成長志向が人間の本質ならこのままゲームを続けるしかない


幸せが相対的なものだとしたら、ネットは世界中の人と比較できるようになったことで、みなを不幸にした面もあるのかもしれません
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

イギリスの白人労働者階級の子供たちを侮蔑する呼び名"CHAVS"(チャヴ)

イギリスの白人労働者階級の子供たちを侮蔑する呼び名"CHAVS"(チャヴ)
日本ではマイルドヤンキーがそれにあたる
よさこい踊りや盆踊りに熱中するような田舎の若者たちは
没落していく日本国においてチャヴとなり、間違いなく社会問題化する
チャヴとは元々は貧しい労働者階級の若者たちを侮蔑する言葉
保守党による緊縮財政によって失業者があふれ
その子供たちであるチャヴに対するヘイトが生まれたのだが
労働党も経済問題を人種の問題にすり替えてきただけでなく
所得の自己責任を容認したため
チャヴは移民からの差別も受けるようになった
明日の日本かもしれないという恐怖
マイルドヤンキーがいつのまにかチャヴに
変身しない確証は全くない
弱者を生み出す社会から、弱者を敵視する社会に変貌した
イギリスは、これからの日本の姿である
階級格差が顕在化して都市生活者と静岡県三島市のような
ド田舎との格差は開くばかりである
マイルドヤンキーはチャヴに変身して
日本の治安は悪化して犯罪が多発することになる
安倍のせいで


親がDV、アルコール/ドラッグ依存症の子の凶暴さ、でもその裏の寂しさ。上昇指向の移民による、英国底辺層の排斥。ひどい社会を何とかしようと奮戦する託児所創立者。

 子供達の荒れ方も半端ではありません。労働党時代は、保育士になるのに補助が出たものが、金持ち優先で緊縮財政にした保守党になってからは、イエロー・ペーパーが生活保護世帯の一部の不祥事をあげつらえているのは、英国も同じ。また、子供達が異質な肌の色や障害者をいじめるのも同じ。

 労働党政権時に生活保護で生かされた人々の活力の無さ。やはり人は誰かに価値を提供している実感がないと、駄目になっていきます。

 荒れた託児所の中で、時折、ふっときれいなものが見える瞬間



 いろんなところで指先が酸っぱくなるほど書いているけど

 世の中には2種類の人間がいてお互いに相いれない存在と理解しないと
 こういうことは解決しないと思う

 簡単なたとえ話で恐縮だけど・・・

 「高校の野球部に入って先輩に激しくしごかれ時には殴られたりする」

 1、じゃあ俺も上級生になるまでの我慢だ俺が3年生になったら後輩を同じように殴ってみたい。って思うやつと
 2、先輩に殴られた、俺はなんで殴られたんだろう。理由もなしに。
 俺が上級生になったらこんな先輩にはなりたくない

1と2はお互いに理解し敢え無いんだ。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

弁護士をして、大勢の人々を見ていて気づいたのは

弁護士をして、大勢の人々を見ていて気づいたのは、「良い人の周囲には良い人ばかり」なのに、「悪い人の周りには悪い人ばかり」という不思議な事実です。

周りに気を使い、当然のように他人を助けている「良い人」がいらっしゃいます。そうした人は、たとえば事業の法律相談などで来るのですが、周囲にはやはり同じような「良い人」が何人もいらっしゃるものです。

「朱に交われば赤くなる」ということわざがありますが、良い人と付き合っていれば、自然と周りが良い人になります。周囲が良い人ばかりですから自然とトラブルが少なくなります。しかも、困ったときには助けてくれるような人ばかりですから安心です。のびのびとした気持ちで仕事に打ち込めますし、必要なときには必要なサポートを受けやすいので、成功を収めやすいようです。常日頃から気分よく生きていけるだけでなく、仕事もうまくいくわけです。


 
ここには来ない方が良いのか・・・・


良い人の場合とは逆に、悪い人と付き合っていると、自然と周りに悪い人が集まってくるのでしょう。そうすると、争いが絶えず、しょっちゅうだまされたり傷つけられたりします。心はすさんで、いつも警戒や不安でいっぱいになります。イヤな気分でずっと過ごしているうちに、ストレスで体を壊しやすくなってしまいます。

こういう人は、結局は仕事もうまくいかないようです。他人をだましたり傷つけたりすると、一時は大金を得たとしても、いつかは逆にだまされたり傷つけられたりして、失ってしまうからです。

つまり、悪い人と付き合っていると、不幸な人生になってしまいます。


人間が悪い人
いわぬるニンが悪い人
というのはいるね


そういう人の末路は
哀れでないといけないね
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

“立つ”、“座る”という人間の基本的な動作から健康状態がわかると発表

ブラジルのクラウディオ・ギル・アラウホ氏により、“立つ”、“座る”という人間の基本的な動作から
健康状態がわかると発表されました。

詳しい方法を見てみましょう。

テストの方法は、10点を基準点として、減点方式で残った点数が自分の点数となります。

1. 直立姿勢の状態から足を交差させてゆっくりと尻もちをつくようにして座る

2. その姿勢から、できるだけ手や肘などの支えを使わずに再度立ちあがる

この動作をパーフェクトにできたら10点満点

・ 座るとき、または立つときに手のひらを地面に着くごとに1点減点

・ 手のひらではなく前腕(ひじから手首まで)を使っても同様に1点減点

・ 地面ではなく、太ももに手をついても1点減点

・ 膝、足の側面が地面に着くと各1点減点

・ ふらつきも0.5点減点


結果

・ 7点以下=8点以上の方に比べ、6年以内の死亡する確率が2倍以上

・ 3点以下=8点以上の方に比べ、6年以内に死亡する確率が5倍以上

・ 総得点が1点減るごとに、死因に関わらず21%以上死亡率が高くなる。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

ナチスドイツは理想的な社会主義国家

ナチスはケインズ経済学を世界に先駆けて導入し、公共事業によって経済の立て直しを図りました。
この公共事業がアウトバーン(高速道路)建設やベルリンオリンピックの為の競技場、野外劇場などの建設でした。
特にアウトバーンは1933年から3年で1000キロに達し、終戦までに4000キロの建設が行われました。

この建設費の内46%は労働者の賃金に充てられ、これによってドイツ国民の生活水準は非常に上がることになります。
またナチスは世界に先駆けて8時間労働を法的に実施し、労働者の通勤時間を30分以内にさせたり時差出勤を採用させるように指導していました。
また福利厚生制度も充実させ従業員100名以上の会社には格安の社員食堂を設置、大きな工場には休憩室・食堂・医務室・電気マッサージ室、温水冷水浴室・スティーム浴室などを設置することが義務づけられていました。
また住宅にも充実した制度が義務づけられ、会社が労働者住宅を建設できない場合には周辺の賃貸住宅を労働者のために借り上げることも義務づけられていました。

またナチスは格差の解消を政策の一つに掲げており、労働者でも買える大衆車「フォルクスワーゲン」を開発したり娯楽福祉事業に力を入れたりしていました。
「国民に外国から祖国を見る機会を与える」という方針で慰安旅行が奨励され、一例としてホーホラルマルク鉱山に炭坑夫が参加したアルプスの景勝地アルゴイへの10日間3食付きの慰安旅行は僅か34マルク(炭坑夫5日分の賃金)だったとされています。
この旅行にナチスは終戦までに労働者を10万人も参加させているというのですから、これは到底ただのプロパガンダとは言えないものがあります。

こういったとんでもない失業対策、福祉事業が成功した背景には、ナチスドイツが全体主義国家だったからという事があるのです。
たとえばナチスは、あらゆる企業に秘書としての党員を送り込み監視と指導をおこなっていました。
企業内部で不正に対する告発がなされ、不当に利益を得られる事が出来なくなっていたのです。
公共事業でも、不動産業者や投機家が土地を買い占めたり価格を高騰させたりする前に土地の価格が決定凍結し労働者への取り分が確保されるようになっていました。

ナチズムとは国家社会主義と訳されますが、つまりはこのナチスドイツは理想的な社会主義国家だったのです。
だがそれが嵩じた故に民族主義が高まり、弱者切り捨て、反ユダヤ主義が蔓延しておぞましい監視国家へと移行してしまい、大戦の敗北と共にその功績も無かったことにされてしまったのです。
quoted from yahoo
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ