2018年01月03日

コンビニで並んでいる時に

コンビニで並んでいる時に、前の人が1000円札を出して834円のお釣りをもらって、それを数えていたりすることに、いつも呆れ返っている。しかもTポイントカードはしっかり出して、データ(コンビニにとってもほとんど無意味だが)を売り渡している。
そんなにポイントが欲しければ、SUICAで払えばポイントも付くのからお得だし、しかもレジ通過は速いではないか。東京に住んでいるのにSUICAやPASMO持ってないのか?!Tポイントカードはしっかり出すくせに、なぜ危なくて面倒くさい現金なんだ。この記事で研究者が日本人特有の現金嗜好について分析しているのだが、本当に訳がわからない。日本人はもしかしてバカなのか?!

この記事のように1万円札の発行を止めるよりも、現100円を新1円にするデノミをするべきだと思う。タンス預金という名の闇経済の不正蓄財摘発にも一役買うだろう。「銭」という米欧の「セント」と同等の補助通貨を導入することこそが、おカネの電子化を促進するであろう。しかも、これで円、ドル、ユーロが一桁台で揃うため、マーケット的には心理的に円の価値があがるかもしれない。
おカネの電子化ができないと、国レベルでの小口決済コストが20世紀レベルにとどまる。なによりも高齢者を中心とした一般人の意識が、日常生活を通じてデジタルへと向かうことが重要なのだ。都市部では現金が消えつつある日常生活デジタル先進国の中国に対抗するなど夢物語だ。


スイカのカードもってて
モバイルスイカの人はわかるけど
普通のスイカに数千円チャージしてる人って
いるのか?
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

40代はもっとも睡眠の質が悪い。睡眠を妨げる「3つの悪」とは?

40代はもっとも睡眠の質が悪い。睡眠を妨げる「3つの悪」とは?

2016年12月16日 09時03分
提供:日刊SPA!

40代はもっとも睡眠の質が悪い。睡眠を妨げる「3つの悪」とは?

 たかが疲労、されど疲労。日頃から当たり前のように疲労を抱えすぎていると、つい放置しがちではないだろうか。もしくは改善を試みるも改善されない人もいるだろう。疲労の正体に着目し、より効果の高い疲労回復法を紹介する。

◆40代はもっとも睡眠の質が悪い。寝酒や夜の刺激は極力避けるべし

 脳疲労をリセットさせるもっとも効果的な方法は睡眠だ。だが、この睡眠すらままならないという声も多く、実際、総務省統計局が発表する平成23年度の「社会生活基本調査報告」を見ても、40代の睡眠時間が最短とのデータもある。多くの40代が公私で何らかのストレスにさらされており、自律神経が大きく乱されているという現実がある。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1243142

 『すべての疲労は脳が原因』の著者で東京疲労・睡眠クリニックの梶本修身氏は自律神経と睡眠の関係についてこう説明する。

「自律神経には日中の緊張状態を保つ交感神経と、夜にカラダをリラックスさせる副交感神経という2つの神経があります。睡眠時に、交感神経から副交感神経への切り替えがうまくいかないと、カラダが緊張したままで寝つきが悪くなる。眠り自体も浅くなります。入眠できたとしても夜に何度も起きてしまうなどの症状の方もいるでしょう。さらに、40代の4割がいびきをかくと言われていますが、いびきも睡眠の質を下げます」

4 そこで、梶本氏に睡眠の質を向上させる秘術を提案してもらった。

「寝酒は睡眠の悪でしかありません。酒が残ったまま寝てしまうと、夜中に目が覚めてしまうことがありますが、あれは自律神経をお酒によって麻痺させてしまった結果。就寝前3時間は飲酒を控えるべきです。また、寝る直前にスマホやパソコンなどを使ったり、深夜にコンビニのように照明が明るい場所に行ったりすると、交感神経が働いて覚醒してしまうので注意です。いびきをかく人は、抱き枕などで横向きに寝る仕組みをつくるなどの対策をすれば、起きたときの疲労感も軽減するでしょう」

 さらに、睡眠の大きな障害となるのが、日中のストレスだ。

「精神的に不安なことがあると、どうしても眠る直前にイヤなことを思い出しては、悶々としてしまいます。これが、脳への刺激となり、なかなか眠りにつくことができなくなってしまう人も多いです。ストレスは自分で原因を消すことは難しいですが、第三者に話すなど、己のメンタル具合を計算してみて、ストレスの原因を理解すると対処がしやすいと思います」

 つい軽視しがちな睡眠だが、ぐっすり眠れば、驚くほど回復するのも事実。よく眠るために逆算して過ごしてみることが重要だ。

<睡眠を妨げる3つの悪>

・就寝前の飲酒

・夜、コンビニに行く

・昼間のストレス(自律神経の乱れ)

【梶本修身氏】

東京疲労・睡眠クリニック院長医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。著書に『すべての疲労は脳が原因』(集英社)などがある

― 疲労を超回復させる秘術 ―
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米には「有給休暇とは別に」病気休暇が整備されている国も少なくありません

欧米には「有給休暇とは別に」病気休暇が整備されている国も少なくありません。
純粋に病気のための休暇を取得できる。有休数と同日程度支給され、有休のように給料も支給されます(詳細は国によって異なる)。

日本では、例えばインフルエンザにかかったら、それだけで有休の半分が消えてしまう(10日中5日の計算)。
だが外国なら、病気休暇を使って給料をもらいつつゆっくり休め、さらに有休はそのまま残せる。

「名誉社畜」という名にふさわしい、残業時間自慢。日本人は給料が発生しない残業をあまりに多くしている。


休みを取れと言われれば休みを取らず、結婚せいと言われれば結婚せず、子供を産めと言われれば子供を産まない。そうさ我らはアマノジャップ‼︎


他国に比べ圧倒的に多い祝日に加え盆、正月をカウントすると、年間260日しか出勤日がない。さらに有給を100%消化すると240日。
3日に2日しか働かなくて、子供や老人も含めた国民を、現役世代が食わしていけるのだろうか?


まあ
大企業はそんなもんだな
中小零細はそんなことないよ
賞与もロクに出ないし


裁量労働制だと、休んでも給料が減額されない休暇≒有給というなんだかよく分からない哀しみ。。


戦後の経済成長だけに便乗し、会社の中で向上心や変化を求めず生きてきた会社の年配の人達は、変化が大嫌いですからねー。日本の経済成長が鈍化してアジアNo.1は完全に中国。そんな現状をしっかり理解して、若い子は変化を求めてるし、有給取れるのに正義感だけで有給とらない仕事できないおじさん達に嫌気がさしてる
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

ガン細胞が人間の体内で増えていく原因とは?

ガン細胞が人間の体内で増えていく原因とは?
その原因、それはストレスだ。ストレスといってもその数は多く、一般的には4つに分類することが出来る。
ウィルスや細菌などの生物学的ストレス
紫外線や電磁波、放射線などによる物理学的ストレス
農薬や食品添加物、薬や環境ホルモンなどの化学物質による化学的ストレス
そして人間関係や仕事、社会的順応や将来不安などによる精神的ストレス
この4つを総称してストレスと呼んでいる。
私たち人間はストレスがかかると自律神経が乱れる。
自律神経とは脳から独立している神経で、生命の維持を司るものだ。
心臓を動かしたり、血圧を上げたり下げたり、消化するために胃酸を出したり、その時にふさわしい内部環境を無意識の状態で行っているのが自律神経である。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれが相反する働きを行っている。
交感神経は運動や仕事などで興奮、または緊張している時に強くなり副交感神経はリラックスしている時に強く働く。
交感神経が強くなるとアドレナリンやノルアドレナリンが多く分泌される。
アドレナリンは怒りや攻撃ホルモン、ノルアドレナリンは恐怖ホルモンを発生させ細菌類を死滅させる。大量の活性酸素は正常細胞を破壊し、炎症を引き起こす。
この炎症が胃粘膜で起これば胃潰瘍。十二指腸で起これば十二指腸潰瘍ということになる。ストレスなどにより胃が痛くなったり、下痢になったりするのはこのためだ。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詭弁の特徴のガイドライン

詭弁の特徴のガイドライン

「犬は果たして哺乳類か?」という議論をしている場合、あなたが「犬は哺乳類としての条件を満たしている」と言ったのに対して、否定論者が…
1.事実に対して仮定を持ち出す
「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」
2.ごくまれな反例をとりあげる
「だが、時として尻尾が2本ある犬が生まれることもある」
3.自分に有利な将来像を予想する
「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」
4.主観で決め付ける
「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」
5.資料を示さず自論が支持されていると思わせる
「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」
6.一見関係ありそうで関係ない話を始める
「ところで、カモノハシが卵を産むのは知っているか?」
7.陰謀であると力説する
「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」
8.知能障害を起こす
 「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」
9.自分の見解を述べずに人格批判をする
「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」
10.ありえない解決策を図る
 「結局、犬が卵を産めるようになれば良いって事だよね」
11.レッテル貼りをする
 「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」
12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す
 「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」
13.勝利宣言をする
 「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」
14.細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
 「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」
15.新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
  「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ